サイ波動薬通信

" 病める人、打ちしおれた人、落胆した人、疾患に苦しむ人がいれば、まさにそこにあなたの奉仕の場があります " Sri Sathya Sai Baba
Hands Reaching Out

関連する処方例
精神と感情

Psychic Attacks, Conjunctivitis 03112...Greece

A 17-year-old boy presented two different problems: For 2 years he had been very anxious and could not sleep well, fearing he was under attack by invisible entities. He had not previously sought treatment for this. Also, for 10 years, he had been suffering from chronic conjunctivitis. His eyes were very red and itchy. He had been taking cortisone for many...(continued)

処方例の全てを読む

Infertility cases 10717...India

I have treated several cases of infertility. My first patient came to me on September 9, 2009. She was a housewife who had been married for 10 years. Her husband was a driver. The couple were unable to have a child. For the past five years, they had sought treatment from different gynaecologists but she never conceived. They were desperate as their hopes...(continued)

処方例の全てを読む

甲状腺機能低下症(インド) 02836...India

歳の男性が幼少の頃より甲状腺機能低下症を患っていました。実際にはエネルギー不足であるにもかかわらず、怠けているように見えてしまうのです。髪の毛がたくさん抜け、顔はむくみで腫れ、慢性的な貧血に悩まされ、夜は悪夢により睡眠が中断されていました。過去年から年の間、ときおり対症療法の薬が服用されていましたが、根本的な改善は見られず、逆に、最近では症状は悪化しているように見えました。以下のレメディが処方されました。

CC3.1 Heart tonic + CC12.1 Adult tonic + CC15.1 Mental & Emotional tonic + CC18.1 Brain & Memory tonic….TDS

カ月後、症状は少し改善され、...(continued)

処方例の全てを読む

Hyperactive Child 02640...India

A mother brought her small daughter aged 4 years to the practitioner because she was hyperactive – a behavioural disorder in children characterized by emotional instability, anger, anxiety, and aggressive or destructive behaviour, that is on the increase these days.  All the allopathic treatments given so far were of no use and the mother was...(continued)

処方例の全てを読む

Depression 02365...Belgium

This patient, a woman of 34, had suffered from depression for as long as she could remember. She was a divorcee with 2 children who were in the care of others because of her condition. She was very fearful, hysterical, sad and anxious with constant headaches and an uncomfortable sensation at the top of her head. She had no appetite or energy. However, the...(continued)

処方例の全てを読む

Fear & Constipation 02854...UK

A mother came to see the practitioner with her son aged nearly 3 years because he had been very constipated for the past 2 years. He was also withdrawn and frightened of people including his own father. He was particularly fearful when he was expected to use the toilet and pass stool. When the practitioner spoke to him, he looked scared and clung to his...(continued)

処方例の全てを読む

Mental disorder, Insomnia 02799...UK

This is a female patient aged 23 years. She is a Psychology graduate who has been suffering from a serious mental disorder for the past 3 years. When her parents brought her to see the practitioner she was aggressive, suicidal and shouting. Her parents said that the allopathic medicines had not helped and she was also suffering from their side-affects. She...(continued)

処方例の全てを読む

Jilted in Love 11467...India

A male teacher aged 25 was under great stress and tension. He was unable to cope with the shock when his girlfriend for 5 years, whom he was hoping to marry, suddenly broke off their relationship for someone else. As well as his emotions being out of balance, he had also developed pain in his neck and shoulders. The practitioner gave him:
SR258 Kali Phos +...(continued)

処方例の全てを読む

Stress and Tension 10002...India

The practitioner says that for those people who have stress, worry or tension etc, the following combo helps enormously:
NM6 Calming + BR2 Blood Sugar + BR3 Depression + BR4 Fear + BR6 Hysteria + BR7 Stress + SM4 Stabilising + SM5 Peace & Love Alignment + SM6 Stress + SM9 Lack of Confidence…TDS or as required.

The practitioner recommends a...(continued)

処方例の全てを読む

A Nervous and Needy Child 00534...UK

The patient was a 7-year-old male child who had started clinging to his mother, would not let go of her hand at the school gate and wherever he was, he needed her in the background. He was constantly eating and then being sick before he went to school. He was also suffering from irritation around the anus. The practitioner gave him:
NM35 Worms + SR424 Chicory...(continued)

処方例の全てを読む

アルコール中毒 11210...India

歳の青年が年間、毎日、飲酒を続けていました。家庭内の財産の争いで精神的なストレスを抱えていたのです。年には血圧が高くなり、治療のため入院せざるを得なくなり、検査と治療の後、血圧は再び正常に戻りました。年月には、彼は母親に飲酒癖を絶つために何とか助けて欲しいと願いました。母親は実践者に依頼し、以下のレメディが処方されました。

CC15.1 Mental & Emotional tonic + CC15.3 Additions...一日回

服用を始めてか月後の年月、彼の家族から、飲酒癖が完全に無くなったことが報告されました。実際、ビールのような低アルコール度のものも、吐き気を催すため、全く受けつけなくなりました。

 

 

処方例の全てを読む

マリファナ中毒 02758...Russia

若いカップル(男性歳、女性際)が重度のマリファナ中毒を患っていました。本人たちにとってマリファナがよくないことはわかっていて、止めたいと思いながらも、それに必要な意志が伴いませんでした。若い年齢であるがために、まだ症状は急性・慢性ともに現われてはおらず、ただ止められない状況が続いていました。年月初めに治療が開始された際には、男性の中毒歴は年、女性は年でした。彼らは波動薬以外の治療は受けてはいませんでした。処方された波動薬は以下の通りです:

#1. CC15.3 Addictions + CC17.2 Cleansing…一日回

極めて顕著な結果として、最初の治療の後、男性は数日間吸引をしないで生活をすることができたのです。ヶ月後、男性は%の改善、女性は%の改善が報告されました。...(continued)

処方例の全てを読む

躁鬱病 02640...India

精神科医によってある患者さん(偶然にも逆症療法の医師でした)が波動薬ヒーラーに紹介されました。この歳の男性は長期の躁鬱病を患っており、年に亘って精神科医の治療を受け種類の薬の服用を続けていました。そこで、一日回のCC15.2 精神障害と午後時と時のCC15.6睡眠障害の服用が始められました。カ月の後に、精神科医は種類のうちつの薬の服用を止めさせ、その後数カ月の後には種類を除いてすべての逆症療法薬が不要となりました。またこの最後の薬も患者さんが必要な時だけ摂ればよいという任意の服用状況で、年が経った現在、彼はすこぶる健康となり人生に対する新たな前向きな姿勢で生活を営んでいます。

処方例の全てを読む

アヘン中毒その他(イラン) 02638...Iran

Editor's comment:
It is regretted that this healer did not give more details in the cases below:

歳からアヘン中毒であった患者さんがCC15.3を服用して間もなくその悪い習慣を克服することができました。

別の患者さんはカ月間、肩と首に痛みがありましたが、CC20.2関節・筋肉を服用し症状がなくなりました。

長年、偏頭痛で悩んでいた患者さん人が、CC11.6を規則的に服用したところ、激しい偏頭痛がなくなりました。

 

処方例の全てを読む

Emotional Stress and Strain 00437...India

A 49-year-old carpenter’s personality changed from being a good and disciplined workman to an anxious and disturbed one, who was unable to do his work. He explained to the practitioner that his elder brother had died after a brief illness. In addition to his own family, he was now looking after his brother’s family and was under great financial...(continued)

処方例の全てを読む

感情・精神障害(インド) 00002...India

一人の若い女性が家族を伴って波動薬実践者のもとを訪れました。彼女は歳の時に、家族の留守中に幼い弟の面倒を任されたのですが、その時に彼女の弟に発作が起こったのでした。この発作はそののち何回も起こる症状の最初の出来事で、癲癇(てんかん)と診断されました。しかしながら、幼い彼女にしてみれば、弟に何が起こったのかが分からず、近所の人が助けに来るまで茫然自失の状態で心は深く傷ついていました。しばらくして、彼女は弟に起こったことは自分のせいだとして自らを責め、痛ましい体験の記憶に囚われたのです。

その頃を境にして、彼女の人格に変化が見られました。急に怖がったり、攻撃的になったり、混乱したりするようになったのです。医師によって様々な薬が処方されましたが、持続的効果はありませんでした。薬を服用している間は、...(continued)

処方例の全てを読む

足の筋肉痛、ストレス、エネルギーの低下(インド) 02804...India

歳女性が年間患っていた足部筋肉痛の治療を波動薬に求めてました。彼女はまた、ストレスに満ちた職場環境やエネルギーの低下といった問題も抱えていました。それまでは足の筋肉痛には痛み止めが、ストレスやエネルギー低下に対して、対症療法の治療が行われましたが、改善は見られませんでした。処方されたレメディは以下の通りです。

CC12.1 Adult Tonic (心身の活性:成人)+ CC15.1 Mental &Emotional Tonic (精神・感情の活性)CC20.4 Muscles & Supportive Tissues(筋肉・支持細胞)…..TDS(一日回)

週間後、%の改善が見られ、この女性は波動薬に感銘を受けたことを実践者に告げました。

 

処方例の全てを読む

乾癬 02128...Argentina

年月日、歳男性が、定期的に行われる大学の試験のストレスを抱え乾癬を発症し、その治療を求めていました。胸・脇腹・背中・肩・上腕(月日の写真)の広範囲にわたり乾癬が広がっていました。以前、彼は対症療法治療やアロエを用いた治療を試しましたが効果はなく、外部塗薬として以下のレメディが処方されました:

CC12.1 Adult tonic + CC15.1 Mental & Emotional tonic + CC21.10 Psoriasis + SR293 Gunpowder…一日回, ヴィブーティ入りのアーモンドオイルを資材として

週間後、炎症は完全に治まり、まだら模様となっていた症状が退いていきました(月日の写真)週間後(月日の写真)には、皮膚は通常の状態に戻り、症状は完治しました。

...(continued)

処方例の全てを読む

癲癇(てんかん) 01626...Greece

歳の女性が癲癇の治療を求めてやってきました。歳の時に両親が離婚し、そのショックから症状が現れ始めました。処方されたレメディは以下の通りです:

CC12.1 Adult tonic + CC15.1 Emotional & Mental tonic + CC18.3 Epilepsy…一日回

波動薬の服用を開始して約半年後には癲癇の発作に襲われることはなくなりました。彼女の気分も肯定的になり、気力も増し、将来についての計画も立てられるようになりました。現在も服用は継続中ですが、年月現在、彼女は波動薬をずっと摂り続けていくつもりでいます。

処方例の全てを読む

Diabetes, High BP & Depression

In May 2008, a female patient, 52, who was a distant relative of the practitioner, sought treatment for diabetes and high blood pressure. She had been diagnosed with diabetes 10 years earlier and was now insulin dependent; she took 15 units of insulin before lunch and 10 units before dinner daily. With this, her random blood glucose was 150. In addition, she...(continued)

処方例の全てを読む

Facial Rash 02802...UK

A woman aged 47 was suffering from facial rash for a year. It was diagnosed as rosacea, a chronic facial eruption in which papules appear on a flushed or red background. In this case the patient had it around her chin. Several different antibiotics had been given but there was no improvement. She was also treated by a herbalist who gave herbal remedies for...(continued)

処方例の全てを読む

Cysticercosis of the Brain 01053...USA

In April 2011 a 37-year-old female came with the above diagnosis. This is a systemic parasitic infestation caused by ingesting the eggs of tapeworm from undercooked pork. The eggs burrow through the intestinal wall and are carried to other tissues; in the brain they may cause a wide variety of neurological symptoms.

The allopathic doctor treating...(continued)

処方例の全てを読む

Warts on Sole of Foot 02870...USA

A 13-year-old girl had been suffering for 18 months with warts on the sole of her foot. A chiropodist (or podiatrist as it is known in the US), had scaled off the skin over the warts so that Fluorouracil cream 0.5% could penetrate the warts and clear them. The treatment had continued for two months without success, so it was discontinued. When the...(continued)

処方例の全てを読む

Uterine Cancer 11993...India

A woman aged 45 had been suffering from uterine cancer for 4 years. She had been undergoing allopathic treatment including a course of chemotherapy but had discontinued it because it was not bringing any relief. In fact she had become bedridden due to the side affects. The treatment started on 15 October 2012 when she was given the following:
CC2.1 Cancers +...(continued)

処方例の全てを読む

Multiple Problems Cured by Blood Nosode 02836...India

A  64-years-old male had been suffering from severe knee pain for the past 10 years. He was obese, constipated, suffered from sleeplessness, anxiety, tension and stress. He was not stable in any business he did. For the last 7 years, he had suffered hereditary eczema on both ankles. The treatment started on 30 Nov 2011 with a Nosode of his blood at 200C....(continued)

処方例の全てを読む

湿疹と顔面腫瘍(インド) 02826...India

歳の女性が首の右側から頭部にかけてとてもかゆみのある湿疹を患っていました。ヶ月前にはおでこにレモン大の腫瘍ができ、その腫瘍の表面にはいくつかのおできやはれものがありました。また、過去年間、黒ずんだ色素沈着が身体のあちこちに見られました。彼女はまた貧血で、おそらくは、彼女が抱えている身体的外観への心配や不快感、恥ずかしさなどによる深い鬱をも患っていました。これまで抗生剤や対症療法、アユールヴェーダ療法が試されましたが何の変化もなく、以下の波動薬が処方されました。

CC2.3 Tumours & Growths + CC3.1 Heart tonic + CC12.1 Immunity + CC15.1 Mental & Emotional tonic + CC21.2 Skin infections...(continued)

処方例の全てを読む

慢性の風邪(インド、プラシャンティニラヤム) 02786...Russia

歳のロシア人女性が頭痛と身体のだるさを何カ月も患っていて、以下のレメディが服用されました。

CC9.2  Infection acute + CC9.3 Tropical diseases ….TDS

日後、風邪の症状は良くなりましたが頭痛と他の症状はそのままでした。詳細な問診の後、患者さんの口から、年半前に夫と人で自動車事故に会ったことが語られました。彼らの車は大破しましたが、夫婦人ともケガが無かったということでした。その時以来、この症状が続いていることもあり、患者さんは無意識のうちにこの事故のショックで心的外傷を負っていることが推測されました。そこで以下のレメディが追加されました。

CC15.1 Mental & Emotional tonic + CC18.1 Brain...(continued)

処方例の全てを読む

頭痛, 肩と背中の痛み、鬱 03507...UK

年月ムンバイの洪水の際、成功を遂げた歳のビジネスマンが車の衝突に巻き込まれ、左側頭部に重傷を負い、か月間意識不明でした。意識が戻ると、右手は麻痺し、右足は硬直していることがわかりました。数か月の理学療法の後、右足以外のほとんどの機能は完全に回復したものの、右足は引きずって歩かなくてはなりませんでした。年月、彼はプッタパルティへと引っ越し、プラシャンティニラヤムの近くに小さなレストランを開きました。年月日、実践者はそのレストランで昼食をとった際彼に出会いました。

彼は頭部左側に激しい痛みと、背中の上部、右肩と背骨の間(右肩はほとんど動かせませんでした)に激しい刺すような痛みを訴えていて、それらの緩和を求めていました。頭痛はか月前に始まり、日中ずっとその痛みは続きました。一時的な緩和のため、短期的に、...(continued)

処方例の全てを読む

White Spots 10940...India

歳のビジネスマンが、首と大腿部にできた白斑の治療のため波動薬を求めてこられました。その症状はか月続いており、以下のレメディが年月日に始められました。

#1. SR252 Tuberculinum 200C…週間に日, 4

#2. CC15.1 Mental & Emotional tonic + CC21.2 Skin infections…一日回

か月後の月日、%の改善が見られ、上記番のレメディの服用は継続され、上記番のレメディは下記の処方へと変更されました:

#3 SR250 Psorinum 200C…週間に日, 2

か月半後の年月日、改善の程度は%になり、上記番のレメディの服用は継続されながら、上記番のレメディは下記に変更されました。

#4....(continued)

処方例の全てを読む

悪性腎臓腫瘍 10728...India

年、歳男性が、血尿と排尿の際の痛みの治療を求め病院を訪れました。検査の結果、腎臓に悪性腫瘍があることがわかりました。その腫瘍を切除する手術が行われましたが、術後数年の間に、腫瘍は再発を繰り返しました。年波動薬の治療を受けるまで、手術は回行われ、か月おきに化学療法の注射を受けていました。年月に注射を受けに病院を訪れた時、別の患者さんが実践者に連絡をとってみたらどうかと勧めました。そこで、彼は年月日に実践者を訪れたのですが、彼は痩せ衰えやつれて、背中の痛み、不眠症、胃酸過多を患っていました。

実践者は直接患者さんの舌下に波動薬を処方しました。

#1. CC10.1 Emergencies, mlの水で

次に、以下のレメディが準備されました。

#2. CC2.1 Cancers - all + CC2.3...(continued)

処方例の全てを読む

群発頭痛, 鬱 、活動過多 02894...UK

年月日、歳男性が急性の頭痛、涙目、首のこりの症状を訴え実践者を訪ねました。

首は左に動かすことができない状態でした。また彼は過去年間、群発頭痛を患い、毎年週間から週間、一日回から回(時間ほど続く)激しい頭痛を患っていました。秋になると症状はさらに悪化しました。彼はこれまで、年間対症療法の薬を服用してきましたが、その他にもホメオパシー、アユールヴェーダ、鍼、指圧、漢方、カッピング(吸角法)などたくさんの治療法を試してみました。現在、激しい痛みの緩和のために、アニリド系解熱鎮痛薬(パラセタモル)片頭痛薬、イブプロフェン、スマトリプタン注射を用いています。彼が真夜中にその発作(脳に鉄の棒を挿し込まれるような痛み)で起きると、奥さんがその注射をするのです。その注射によって、痛みは落ち着き、睡眠がとれるようになりました。...(continued)

処方例の全てを読む

痴呆症 00534...UK

実践者手記: 歳になる義理の母は元気で、(独立して生活できる住宅で何かの時には係の担当者が世話をする仕組みになっている)老人ホームで、一人で暮らしていました。彼女は糖尿病、高血圧、甲状腺機能障害、消化不良、ストレスによる頻尿に対して様々な薬や鉄分のサプリを摂取していました。年の夏、彼女は家族と週間過ごしましたが、記憶の減退(痴呆症)と意識障害が目立つようになり、また、家族との生活によってストレスを感じ老人ホームに戻りたいとも思っていました。彼女は以前、経口で波動薬を摂取した時に好転反応を体験していたので、異なる仕方での処方を考えていました。2014年8月2日、以下のコンボを処方しました:

CC15.1 Mental & Emotional + CC17.3 Brain & Memory...(continued)

処方例の全てを読む

潰瘍性大腸炎, 肺血栓, パニック発作 02799...UK

年月、歳男性が、重度の潰瘍性大腸炎(年間), 肺血栓(か月), パニック発作(年)症状を患い、波動薬での治療を求めてきました。年にその患者さんは潰瘍性大腸炎, 炎症性腸疾患と診断されていました。当初、彼は免疫抑制薬によって、急性の腹痛を生じる突発的な症状を制御していましたが、厳しい副作用のためにその服用は中止されました。その副作用とは週間も続く口内炎やインフルエンザ、風邪を初め、貧血や虚弱の原因となる赤血球・白血球の減少などでした。さらに、ポリープが大腸から切除されましたが、彼は年以来、ペンタサグラムの錠剤を毎日服用し、夜には、プレドニゾロンリテンション浣腸剤を用いていました。病状が進行するにつれて、年には、直腸の出血が始まり、その制御にステロイドを用いましたが(プレドニゾロンg›週間かけてgづつ)...(continued)

処方例の全てを読む

慢性の鼻血、ふけ 02799...UK

健康で活発、スポーツ好きの歳の少年はサッカーをしたいと熱望していましたが、慢性の鼻血のためにそれはかなっていませんでした。走り始めるとすぐに、鼻血が出てしまうのです。歳の頃から、週間に回夜間に、また、身体を動かしている時はいつでもこの症状に悩まされてきました。家族はできることはしたのですが、少年はとても悲しく思い、サッカーのできない自分に対して怒りを感じるのでした。少年の担当医からは、身体が成長すれば治る、と言って何の処置もありませんでした。少年はまた、ふけにも悩まされていました。

年月日、以下のレメディが処方されました:

鼻血:

#1. NM45 Atomic Radiation + SM2 Divine Protection + SM5 Peace & Love Alignment + SM6...(continued)

処方例の全てを読む

白斑 02799...UK

歳の少女が顔、手、身体に年間白斑を患っていました。両親の話によると、少女の担当医はステロイドクリームを処方しましたが効果はなく、年月日に波動薬の治療が以下の処方で始まりました。

CC12.2 Child tonic + CC15.1 Mental & Emotional tonic + CC17.3 Brain & Memory tonic + CC21.1 Skin tonic + CC21.2 Skin infections…一日回

か月間の服用の後、症状の%の改善の報告が両親からありました。か月後には%の改善、年月日時点、か月後にあっては%の改善が伝えられました。少女の肌の色は元の状態に戻り、口の周りに若干の白斑が見られるのみとなりました。両親はこの結果に大変満足し、少女は年...(continued)

処方例の全てを読む

気管支喘息(英国) 02799...UK

歳の時から気管支喘息を患っている歳の男性が波動薬による治癒を求めました。それまで喘息の発作が起こる都度、対症療法の薬によりその場その場での症状の緩和は見られたものの、根本的な治癒には至りませんでした。彼の日常生活もまたストレスに満ちていて身体の厳しい状況に拍車をかけていました。以下のレメディが処方されました。

NM6 Calming(平安・落ち着き)+ BR7 Stress (ストレス)…. TDS (一日回)

NM8 Chest() + NM9Chest TS (胸TS)+ NM62Allergy-B (アレルギーB)+ NM70CB8 + NM71CCA + BR13Allergy (アレルギー)+ BR14Lung (肺)+ BR15Sinus (鼻)+ OM2Respiratory (呼吸...(continued)

処方例の全てを読む

湿疹(米国) 02762...USA

歳女性が実践者に面会を求めました。年前、医師により左下肢および足部の湿疹が認められて以来、当患部のかゆみが絶えず続いていたのです。患部は常にひび割れを起こし、液体状の分泌もありました。こうした症状のために彼女は極度に苛立ち、靴下や靴を履くこともできないこともありました。沢山のクリームや軟膏が試されましたが、症状が緩和されることはなく、以下のレメディが処方されました。

CC21.6  Eczema (湿疹) 最初の日間は水に溶かして一日回、その後錠剤でTDS(一日回)

週間後、かゆみが若干おさまった程度でしたが、その後カ月ではさらに%の改善が見られました。この時点で通常の舌下への服用とともに、レメディを軟膏(オイル)の形状として処方し外部湿布として用いることが勧められました。

カ月後、...(continued)

処方例の全てを読む

透析(インド) 02640...India

歳男性がロスアンジェルスから電話でインドにいる実践者に連絡をとりました。彼の腎臓は極めて厳しい状況で高血圧をも患っていたため、波動薬の送付を依頼したのでした。腎臓移植が行われるのを待つ間、彼は一回時間を要する腎臓透析を週に回受けていたのでした。以下のレメディが送付されました。

CC3.3 High BP(高血圧) + CC13.4 Kidney Failure(腎不全) + CC15.1 Mental & Emotional Tonic(精神・感情の活性)一日回、一回錠

カ月後、この男性の主治医はクレアチニン(筋肉・尿・血液中に含まれる白色結晶)のレベルがからに下がったことに驚きを隠せませんでした。この大幅な改善のために透析の時間は時間から時間に減少しました。医師はこの男性に、...(continued)

処方例の全てを読む

ホジキン病(悪性リンパ腫)(米国) 00660...USA

ホジキン病として診断された歳の女性が以下のレメディを処方されました。

NM6 Calming+ NM30 Throat + NM59 Pain + NM63 Back-up +NM110 Essiac + SM13 Cancer +SM 24 Glandular + SM40 Throat…6TD一日回を2週間、その後TDS

か月後の医師による血液検査の結果は「平常」で、この病気の症状はなくなっていました。その後もしばらくの間レメディを摂り続けましたが、現在に至るまで年間病気と無縁となっています。

注)本処方例では、バイブロポテンタイザー(マシーン)が用いられ、上記の処方が行われましたが、のコンボを用いた場合にはCC2.1All Cancer+CC19.7 Throat...(continued)

処方例の全てを読む

弱視(黄斑孔) 02799...UK

歳の男性が年月日に弱視の治療を求めて実践者のもとにやってきました。

右目の視力は全て失われ、左目の視力は、網膜の中心「中心窩」の円孔のため%まで限定され、眼科医はその円孔が自然に閉じることがなければ、彼は全盲となってしまうだろう、と診断しました。前年には、その症状の治療を病院で受けていましたが、ほとんど改善されることなく約%向上したに過ぎませんでした。

以下のレメディが処方されました:

CC7.1 Eye tonic + CC7.2 Partial Vision + CC7.4 Eye defects + CC7.5 Glaucoma + CC10.1 Emergencies + CC15.1 Mental & Emotional tonic…一日回を週間、その後一日回

年月日、...(continued)

処方例の全てを読む

尿路感染症と糖尿病 11520...India

糖尿病の治療を受けていた歳の男性が年月日、膀胱炎の治療を求めてきました。尿内の膿細胞の濃度が-hpf(high power field: 高倍率(400倍/強拡大)での視野)で、38.9° Cの高熱がありました。その前の週には、頻尿、排尿の際の焼け付くような痛み、失禁が見られました。また病歴として、年間の慢性便秘と年間にわたる慢性糖尿病がありました。

まず、急性の症状に対して、以下のレメディが処方されました:

#1. NM21 KBS + NM36 War + SM27 Infection + SR456 Bladder (Urinary) + SR536 Urethra + CC10.1 Emergencies…一日回

月日、コンボの服用から日目には、症状の%の改善が見られ、...(continued)

処方例の全てを読む

口内炎 02806...Malaysia

年月日、歳の男性が年間患っていた口内炎の治療を求めてやってきました。これまでの治療歴は、年から年まで、対症療法の医師により単純ヘルペスと診断され、抗ウイルス薬ゾビラックスとコルチコステロイドのプレドニゾロンを局部用クリームと併せて処方されていました。その間、一時的な緩和と再発が繰り返されましたが、最終的な改善は見られませんでした。年には耳鼻科にかかり、扁桃切除とビタミン剤投与が行われました。年から年には漢方療法、そして年から年までは再度対症療法の医師にかかりましたが、いずれも進展はありませんでした。検査によって舌全体のみならず口内の粘膜の表面に炎症が広がり大きく腫れているのが判明しました。この男性が摂取できるのは流動食のみで固形物は口内の痛みのためにほぼ不可能で、飲み込むこと自体大変な痛みを伴いました。...(continued)

処方例の全てを読む

慢性疲労と痛み 02779...Japan

歳の女性が身体の痛みと慢性疲労を年以上も患っていました。波動薬に出会う前は、対症療法を含む様々な種類の治療法を試していましたが、効果はなく、以下のレメディが処方されました。

CC12.1 Adult tonic + CC 12.4 Chronic fatigue + CC15.1 Mental & Emotional tonic…一日回

日間のレメディの服用の後、強い好転反応があり、身体や顔に広範囲にわたって湿疹が見られ、ひどい頭痛、のどや背骨、背中、胸、腰にもひどい痛みが出て、それらは日半続きました。彼女は瞑想によって痛みを和らげようとしましたが、痛みはひどく、気持ちは落ち着きませんでした。実践者はたくさん水を飲むように伝え、好転反応が収まるまで一端レメディの服用は中止するよう伝えました。...(continued)

処方例の全てを読む

踵骨棘(かかと骨の異常突起)&末梢動脈疾患 12051...India

歳男性が数種の症状、)数年間続いている背中と踵の痛み、)両足の踵骨棘(かかと骨の異常突起)、)末梢動脈疾患(足部の血管が詰まる症状)の治療を求めていました。この症状のため、足への血流が阻害され、そのためひどい痛みが伴い、歩くこともできませんでした。対症療法の他に彼は、ホメオパシー、指圧、その他の治療法を試しましたが、効果はありませんでした。年月に以下のレメディが処方されました。

CC3.7 Circulation + CC12.1 Adult tonic + CC15.1 Mental & Emotional tonic + CC18.1 Brain disabilities + CC20.1 SMJ tonic + CC20.4 Muscles and Supportive tissue…...(continued)

処方例の全てを読む

慢性扁桃炎 10741...India

歳の男性は、扁桃炎が悪化して以来年間慢性化した症状を患っていました。その間、彼の担当医は手術を勧めていました。症状は頻繁な高熱(それに対しては強力な抗生物質を摂取していました)やアレルギーの咳を伴いました。年月日に、患者さんは以下のコンボを日間服用しました。

#1. CC9.2 Infections acute + CC14.1 Male tonic + CC19.2 Respiratory allergies + CC19.7 Throat chronic…一日回

服用後、%の改善が見られましたが、虚弱と神経性衰弱の症状が新たに報告され、コンボは以下に変更されました。

#2. CC9.2 Infections acute + CC12.1 Adult tonic + CC14.1 Male...(continued)

処方例の全てを読む

転移性骨癌 01768...Greece

年月日、過去年間乳がんを患っていた歳の女性が実践者を訪れました。乳房切除手術と化学療法を受けた後、症状は年月まで安定していましたが、その後は全身に痛みを感じ始め、年月日に転移性骨癌と診断されました。週間後、以下のレメディの服用が開始されました:

CC2.1 Cancers – all + CC2.2 Cancer pain + CC2.3 Tumours & Growths + CC12.1 Adult tonic +

CC15.1 Mental & Emotional tonic + CC20.4 Muscles & Supportive tissue + NM113 Inflammation…一日回

年月に更なる検査を受けたところ、...(continued)

処方例の全てを読む

アトピー性皮膚炎及び胃酸過多 10001...India

年月、才の男性がアトピー性皮膚炎及び胃酸過多の治療のために実践者を訪れました。彼はこのつの症状に関して歳から病んでおり、黒い斑点とおできが全身、特に、両手と足に見られました。その他の症状としては痒みで、夜になると悪化し、慢性の睡眠不足に悩まされていました。彼は、高血圧と脊椎炎を波動薬で治癒された別の患者さんによって紹介されたのでした。処方されたレメディは以下の通りです:

#1. CC10.1 Emergencies…一時間ごとに回、時間まで、日間      

その後、以下のレメディが処方されました。

#2. CC4.1 Digestion tonic + CC4.10 Indigestion...一日回

#3. CC21.1 Skin...(continued)

処方例の全てを読む

Difficult Pregnancy

A 33-year old woman came to see the practitioner in October 2012 because she had been trying to have a child for 7 to 8 years without success despite allopathic fertility treatment.  She was also taking allopathic drugs for hypothyroidism (Thyronam 25 mg OD, since 2008) and for diabetes (Centapin XR tablet OD, since 2005).

She was given:
#1. CC6.2...(continued)

処方例の全てを読む

Cyst on Left Eyelid

A 28-year old woman came to be treated for a cyst on her left eyelid for which her doctor had suggested surgery in a week’s time. She was given:
CC2.3 Tumours & Growths  +  CC10.1 Emergencies  +  CC15.1 Mental & Emotional tonic...QDS

In a week the cyst had softened, so surgery was postponed for another week and the Vibrionics...(continued)

処方例の全てを読む

Boils on the Buttocks

A 50-year old man was suffering intense pain from boils on his buttocks. The boils would appear one after another, swell with pus and then burst, but always new lesions appeared. Twice some had to be surgically removed. Initially the patient was given:
#1.  CC12.1 Adult tonic + CC21.2 Skin infections...TDS

In a month there was 20% improvement. The...(continued)

処方例の全てを読む

Burns on the Hands

A 53-year-old male patient came to the practitioner in December 2013 with second-degree burns on both hands, caused by a molten plastic stick. He was in much pain. The palms were blistered and red. He could not move his palms and fingers due to the swelling, so he could not do his daily work or even change his clothes. The patient was too poor to afford...(continued)

処方例の全てを読む

Outer Ear Infection and Water Retention in Leg 02711...Malaysia

A lady, 64 years old, suffered from having fluid coming out of the ears for more than three months. The fluid had a foul smell. Also for 10 days her legs had been red and swollen. The GP had already prescribed antibiotics for the ear infection as well as tablets for her water retention condition. She was given the following remedy on 13 June 2011:
#1....(continued)

処方例の全てを読む

Nut Allergy and Severe Dry Skin 02802...UK

The patient was an 18-year-old blind boy who lived in a blind school but came home during the holidays. His mother called the practitioner to say that he had a nut allergy especially to almonds and would get stomach pains and vomit if he ate them. He also had severe dry skin that required regular use of cream. The following remedy was posted to him:
CC4.10...(continued)

処方例の全てを読む

Carpal Tunnel Syndrome 11476...India

A 46-year-old woman has developed carpal tunnel syndrome due to excess use of a computer. For 4 months she had pain in the wrist, hands and fingers. The pain in the wrist was so severe that she had difficulty in performing even simple tasks with it. She was given the following, and as she was also diabetic a combo was included for that as well:
CC6.3 Diabetes...(continued)

処方例の全てを読む

Life-long Constipation 02859...India

An 80-year-old man approached the practitioner with some trepidation looking for a solution to lifelong constipation for which he had taken all possible treatments. He was given:
CC4.4 Constipation…TDS

His was relieved of the constipation right away. He told the practitioner that vibrionics has changed his life, he is more...(continued)

処方例の全てを読む

Jaundice and Infection in a Premature Baby 02870...USA

A father had requested help for his premature female infant, still in an incubator. She had become poorly with jaundice, a fever, cough and cold. Doctors in the hospital had given the baby a variety of antibiotic medicines and as she had not improved, he was told that nothing more could be done. The practitioner broadcast the following combo via a Sai...(continued)

処方例の全てを読む

Chronic Cough, Sleep Disorder 02870...USA

For the past 4-5 years, a woman aged 74 had been suffering from a chronic and constant cough throughout the day and at night it prevented her from sleeping. As she had dust and pollen allergies, her cough was worse during the pollen season and she was also susceptible to frequent infections. In the past she was hospitalized with pneumonia and with a family...(continued)

処方例の全てを読む

湿疹, 学業上のストレス 02799...UK

実践者手記:

年月日、歳男性の大学生が顔、首、背中、足の皮膚のかゆみと重度の湿疹に悩まされていました。その前年、大学に入学する前、そして、年に対症療法でニキビの治療を受けた後、慢性の湿疹を患っていました。彼には学業面での悩みもありました。

私は以下のレメディを処方しました:

CC10.1 Emergencies + CC15.1 Mental & Emotional tonic + CC17.3 Brain & Memory tonic + CC21.1 Skin tonic + CC21.3 Skin allergies + CC21.6 Eczema…一日回

内服用の砂糖粒コンボとともに、外用薬として、エキストラバージンオリーブオイルも処方しました。

これらを継続して服用・...(continued)

処方例の全てを読む

過敏性大腸症候群; & 神経因性直腸障害 02799...UK

実践者手記: 年月日、歳男性の訪問を受けました。彼は過敏性大腸症候群をか月間、神経因性直腸障害をか月間患っていました。医師はステロイドを処方しましたが、ステロイドの使用直後は症状の改善は見られるものの、使用しなくなると、症状は悪化してしまうのでした。神経因性直腸障害は大変不快なものでしたが、ギョウチュウの排泄はありませんでした。以下のレメディを処方しました。

CC4.1 Digestion tonic + CC4.2 Liver & Gallbladder tonic + CC4.4 Constipation + CC4.6 Diarrhoea + CC4.10 Indigestion + CC10.1 Emergencies + CC15.1 Mental & Emotional tonic +...(continued)

処方例の全てを読む

サルコイドーシス 02895...UK

実践者手記: 私の最初の患者さんは歳男性で、年前にサルコイドーシスと診断されました。サルコイドーシスは複数の器官に影響を及ぼす炎症性の病気で、炎症を起こした細胞の小さな塊のその多くが、肺や、リンパ腺、目や皮膚で増殖するものです。対症療法の薬では治癒できるものは知られていません。

患者さんは肺のサルコイドーシスにより、息切れと継続的炎症を患っていました。彼はいつも疲れていて、エネルギー不足でした。上背の部分にいつも寒気を感じていて、暖かな着物で身体を覆っていなければなりませんでした。肺の炎症がある時はいつでも薬を服用しましたが、それが唯一の治療でした。

年月日、私は以下のレメディを処方しました。

CC2.3 Tumours & Growths + + CC3.1 Heart tonic...(continued)

処方例の全てを読む

めまい 02895...UK

実践者手記: 歳の私の叔母は年月にめまいを起こしましたが、その際は薬剤を用いることはありませんでした。彼女は目が回って歩くときも不安定で、ベッドに入っても頭がクラクラしていました。こうした症状にもかかわらず、月日にインドに行く前に医師に診てもらうことなく、何とかこの状況を乗り切っていました。彼女には薬が処方されましたが、効果はありませんでした。叔母の息子がインドに行こうとしていたため、年月日に彼に以下のコンボを持っていってもらいました。

CC10.1 Emergencies  + CC12.1 Adult tonic + CC15.1 Mental & emotional tonic + CC18.7 Vertigo….一日4

一日の服用によって叔母は電話で私に%の改善があった、...(continued)

処方例の全てを読む

妊娠期における子癇前症 02802...UK

か月の子を持つ歳の母親が妊娠週目で重度の子癇前症を患いました。生命の危険のある極めて深刻な状態で高血圧も併発していました。彼女は一晩入院し、医師により経過観察が行われました。血圧は173/98まで上昇し、メチルドーパmgを一日回、アスピリンmgを一日回の処方を受けましたが、激しい動悸は治まらず、吐き気や食欲不振を伴っての体調不良で夜も眠れませんでした。前回の妊娠時には、妊娠後期にのみ高血圧が見られ、緊急の帝王切開となりました。

今回年月日の初診時に以下のコンボが処方されました。

#1. CC3.1 Heart tonic + CC3.3 High Blood Pressure + CC3.6 Pulse irregular + CC3.7 Circulation + CC8.2 Pregnancy...(continued)

処方例の全てを読む

閉所恐怖症 02806...Malaysia

歳男性が年間閉所恐怖症を患っていました。例えば、エレベーターや小さなトイレ、飛行機など狭い場所に身を置くとパニックに陥ってしまい、そのような狭い場所から抜け出して広い場所へと走っていかなければなりませんでした。治癒を求めて、彼は心理学者に会ったり、最後の手段として催眠術師にも助けを求めました。

年月日、次のレメディが処方されました。

CC15.2 Psychiatric disorders…一日回

月日、彼が再び訪ねてきた時には、たったの日間の服用によって完全に治癒されたとの報告がありました。彼は現在、通常の生活に戻っています。

処方例の全てを読む

めまい 12051...India

歳女性が年間極度のめまいを患い、吐き気、嘔吐、歩行中のふらつきといった症状がありました。

神経科を訪ね対症療法の薬を処方してもらい、年間服用したものの、効果が全くありませんでした。その後、サイ波動薬のことを知り、実践者に相談したところ、以下のレメディが処方されました:

CC12.1 Adult tonic + CC15.1 Mental & Emotional tonic + CC18.1 Brain disabilities + CC18.7 Vertigo…一日回

週間以内に、症状は%改善され、その後か月経つと、通常の状態となり、今日まで約か月の間、以前の症状は見られていません。現在一日回での服用を継続していています。彼女はババのこの素晴らしい奇跡的な治癒に対して感謝しています。

処方例の全てを読む

甲状腺機能低下症, 足のむくみ, 関節の痛み, 失禁, 精神不安 02817...India

実践者手記: 波動薬を服用している共通の友人の家で歳の女性にお会いしました。その女性は過去年間様々な問題を抱えていました。足の裏の焼け付くような痛み、足の裏やつま先のむくみ、精神疾患、極端に低い自尊心、歩行困難、痛みのため手を思うように動かせないことなどです。また年間は、関節の痛み、失禁、そして甲状腺機能低下症を併発していました。対症療法を何年も受けていましたが、症状が改善されることはありませんでした。肥満であることにたいして自分を責め続けており、全てに怒りを感じていました。失禁のため彼女は家から離れることを避けていました。彼女は声を上げて泣き、私の手を取って、友人から紹介された波動薬を通して神が症状を癒してくれることを願いました。彼女の話に耳を傾けると、結婚生活に問題があり、同じ家に住みながらも...(continued)

処方例の全てを読む

鬱、関節炎、鼻血 02779...Japan

歳の女性が、年月に夫が他界して以来、気持ちが落ち込み、喪失感に苛まれていました。彼女の日々の生活は意味のないものとなり、心は大きく乱れ、混乱していました。また、彼女は関節炎も患っており、歩くのが大変困難でした。年月に、大量の鼻血のために救急車で病院に運ばれました。彼女の友人が実践者を紹介し、以下のレメディが処方されました:

 

CC3.2 Bleeding + CC12.1 Adult tonic + CC15.1 Mental & Emotional tonic + CC20.3 Arthritis…一日回

上記のレメディの服用の後、鼻血には度と煩わせられることなく、週間後には、より活力に満ち平安に思えるようになり、か月後には、膝の具合が%改善しました。...(continued)

処方例の全てを読む

腎不全 00971...Japan

歳の女性が、医師から腎不全の疑いが高いとの診断を受け、年月日に実践者のもとを訪れました。血液検査では、クレアチニンの水準が高く腎臓透析の必要性も示されていました。彼女は約か月後の月末に、再度血液検査を受けることになっていましたが、透析は避けたいと思っていました。実践者は、まず、患者さんに対して、食生活の見直し、肉食や塩分の取り過ぎ、野菜不足を指摘しました。患者さんはまた、ファーストフードなどの加工食品を好み、水分の補給が少なく、体重もすぐに増加してしまう傾向にありました。こうした食生活の背景には、幼い頃、両親を亡くし、義理の母親との不調和な生活に精神的に疲労を感じていたことが挙げられます。彼女は食生活についての厳しい規律を自らに課すことを約束し、以下のレメディが処方されました:

#1. NM12...(continued)

処方例の全てを読む

パニック障害, 頻尿症 02754...Japan

実践者手記:歳女性、高校生の時トイレに何回も行きたいのに行けず、登校拒否とともに家から出られず人との接触もできなくなり、その後パニック障害も併発。

私の同級性の娘でもある患者に対し、事前に電話でサイ波動薬の説明を行い、実際に面会したい旨伝えた。本人は外出に対しても恐怖心があり、分も電車に乗ることも怖がっていた。

対症療法の薬ではないことに興味を示し、母親同伴で来ることに同意し、数回電車を降りてトイレに行く努力をしてわたしの自宅を訪れた。

年月処方。

漢方薬の処方を受けていたが、飲み方に関しては本人に任せた。(否定はしなかった)

不安、パニック障害、下痢、頻尿、偏頭痛、うつ状態に対し、

#1. CC1.CC. CC. CC.一日回

一か月後には嫌いなことが言えるようになった。

...(continued)

処方例の全てを読む

ストレス と不眠症 02754...Japan

実践者手記:歳女性パニック障害・ストレス年月

昨年会社が倒産し仕事が変わった。パソコンを多く使う仕事の為ストレスを感じている。パニック障害の時のような心臓がドキドキし、不眠の日も多い。緊急なので、CC..を入れる。

 #1.CC..CC..CC..CC.. 一日回か月

  #2.CC..1か月

本人の意思でアロパシックの睡眠薬を併用 月仕事の終了時に席を立つときにめまいがする。心臓のドキドキが気になる。 

ストレスは軽減してきた。%

#3.CC..CC..CC..CC..CC..CC..

日後、思い癖が習慣となること、日常に話す言葉にも注意することを自覚でき、良い思いを持つ決意表明のメールが届いた。

実践者コメント:

患者さんからポジティブな思いや、...(continued)

処方例の全てを読む

流涎(りゆうぜん)症(唾液の分泌が亢進した状態。口腔内の炎症,薬物の作用,胃,肝臓,膵臓,子宮などからの反射刺激,神経症などが原因となって起る)、激しい感情の起伏 02806...Malaysia

歳の青年が流涎症を年前から患っていました。唾液によって喉を詰まらせないようにするため、何度も唾を吐き出さなけれなならないほどの状態でした。この理知的な青年は、不健全でかつ不幸な家庭で育てられ、幼少時には、父親が彼の母親と人の兄弟を虐待するのを見ていました。彼は年を経るにつれて、感情が激しくなり、怒りっぽくなっていきました。実践者のところに来るまでに、彼は心理学者、精神分析医、神経科医、歯科医師、口内施術者、耳鼻咽喉科医のところに通いましたが、何の効果もありませんでした。年月日、波動薬の服用が以下の処方で始まりました:

#1. CC12.1 Adult tonic + CC15.1 Mental & Emotional tonic + CC15.2 Psychiatric disorders…...(continued)

処方例の全てを読む

Toothache, Pica and Hair loss 02859...India

In May 2013, a 22-year-old male patient complained of great sensitivity to cold or hot foods, which triggered toothaches. Since childhood he was also habituated to eating chalk and other non-nutritive substances. During the previous month, his hair had been falling out and turning grey, and he was concerned about his appearance. He was given:

For...(continued)

処方例の全てを読む

Examination stress 02859...India

The panic-stricken parents of a 17-year-old girl approached the practitioner in mid-January 2014. Their daughter had been an excellent student all her life but was wilting under social and academic pressure of writing the Class XII Board exams [Editor’s note: These are high-stake examinations for Indian secondary school students, required for...(continued)

処方例の全てを読む

Depression, Neck pain 02859...India

A 27-year-old male patient complained of severe neck pain for the past three years and sought treatment in March 2015. Allopathic treatments did not give any lasting relief. He also said that due to various difficulties in his life, he was suffering from depression, low self-esteem and occasional stammering. He appeared forlorn. He was given:

For neck pain:
...(continued)

処方例の全てを読む

Depression in menopause 02859...India

In January 2015, a 49-year-old woman told the practitioner that she was always unhappy and losing a sense of purpose in life. An otherwise cheerful person, she said that she had no desire to interact with people anymore. The frequency of her periods was also erratic. She was given:
CC15.1 Mental & Emotional tonic + CC8.6 Menopause…TDS

In a...(continued)

処方例の全てを読む

Body pain, Psychic attacks, and Low blood pressure 11573...India

On 23 April 2015, a 64-year-old man, a retired electrical worker, came to see the practitioner accompanied by his wife and younger son. They supported him so he could walk and also provided his medical history as the patient was hard of hearing. For a long time, he had been suffering from pain and inflammation all over his body, irregular urination, very low...(continued)

処方例の全てを読む

Migraines, High Blood Pressure, Haemorrhoids 11573...India

In May 2015, a 73-year-old man came in for treatment of migraine, from which he had suffered since childhood. The condition was likely inherited as other family members had the same problem. The patient declined to provide other details of his medical history.  The patient was very active but he was facing challenging family issues. He was given:

#1....(continued)

処方例の全てを読む

Diffuse cerebral atrophy and Depression 11964...India

An 82-year-old man who had been suffering from multiple ailments withdrew into himself on 14 January 2015. He stopped all movements, refused to eat or take any medicine, had memory loss and did not recognize anyone. He had to be admitted in hospital where he was diagnosed with diffuse cerebral atrophy, acute confusional state, altered sensorium and dementia....(continued)

処方例の全てを読む

Panic attacks and Fits 11964...India

A 28-year-old female saw the practitioner on 30 December 2014 with complaints of anxiety, fear, severe headaches, nightmares and panic attacks for past five years. She appeared to be under great stress and was reluctant to reveal much. In order to put her at ease, the patient was given:

For calming:
#1. NM2 Blood + NM6 Calming + NM25 Shock + BR2 Blood...(continued)

処方例の全てを読む

慢性の背中(下部)の痛み, 鬱, 生理不順、くしゃみアレルギー 03529...UAE

歳女性が様々な症状の治療を求めていました。幼少時に、事故で親を亡くして以来、アレルギー性のくしゃみを患っていました。過去年間、背中下部と足に痛みを経験しており、床に足を組んで長時間背筋を伸ばして座ることができませんでした。痛みのため鬱になり、過去か月間、生理は頻繁にやってきました。スワミが自身の医師であると強く信じているため、医師には相談することはありませんでした。そのため、スワミに癒しを求め祈っていたのでした。年月日時点で対症療法の薬を含めいかなる薬の摂取もありませんでした。以下のレメディが処方されました:

CC8.7 Menses frequent + CC10.1 Emergencies + CC12.1 Adult tonic + CC15.1 Mental & Emotional tonic +...(continued)

処方例の全てを読む

内反趾爪を伴うつま先の感染 02554...Italy

慢性の鬱の治療のため、実践者によって処方されていた女性患者が、年月日に足のつま先の感染を患っている息子の治療を依頼してきました。交通事故で重傷を負い意識不明であった夫と離婚したこの女性は、離婚後も数々の問題を元の夫から引き起こされ続けその結果深刻な鬱へと陥ったのでした。歳の少年は年以上も左足つま先に慢性の感染を抱えていました。それはつま先をぶつけた時の怪我から生じていました。時々それは快方に向かいましたが感染は再発を続けました。過去年間以上、それは悪化し、精神的にも少年を蝕んでいました。靴を履くのも困難で、水泳もできず、その他のスポーツにも参加できずに、仲間との付き合いも疎遠となっていました。つま先は痛々しく通常の倍の大きさに赤く腫れ、膿を内包していました。母親はこれまで数々の医師に診てもらいながらも、...(continued)

処方例の全てを読む

認知症、どもり、乳がん 02864...USA

47歳女性が乳がんとして診断され処方された薬の副作用で生じた症状の治療を求めて実践者に連絡をとりました。年月に両乳房切除手術を終え、月に化学療法を、続いて年月に放射線治療を終了しました。その後、痴呆症、どもりなどが発症したため、神経科医師の診断を受けた結果、医師は神経システムが癌とその治療によって影響を受けていることを確認しました。初診の際、医師は彼女が極度の病的な興奮状態であったことに気づきました。彼女は鬱の状態でした。痴呆症と罪悪感(彼女の息子の家庭生活が崩壊したのは彼女の病気のせいだと信じていました)によって彼女は自信を失っており、癌もまだ完全には癒えていませんでした。ホルモンによる治療を受け、癌の薬を処方されました。

年月日に波動薬の治療が始まりました:

#1. NM5 Brain TS + NM6...(continued)

処方例の全てを読む

アルコール中毒 00534...UK

実践者手記:アルコール中毒と躁鬱を患っていた歳女性が過去年間、毎晩ボトル本のウイスキーを開けていました。自身は中毒症状にあることを否定していましたが、家族には攻撃的で怒りをぶつけていました。仕事に就いても、時間管理のまずさと躁鬱のため、,週間も持たない状態でした。年月日の面談の際、私は、彼女にEFT(感情を解き放つ技術)を用いて、自身が自らの体験談を話している時に、顔の経絡のツボを押していくことを勧めました。すると彼女は、歳以降の過去回の暴力をふるうパートナーとの生活について話し始めました。彼女は定期的に暴力を振るわれ、彼女自身、そのようなパートナーの振る舞いは自然で愛の一部でさえあると思い込んでいたのです。暴力的だった人目のパートナーの際、体の痛みと心の苦しみを忘れるため、飲酒を始めました。...(continued)

処方例の全てを読む

子供の癇癪 02128...Argentina

癇癪を持つ歳の女の子に悩む母親が実践者を訪ねてきました。この女の子は手に負えず、学校はきらいでした。

処方されたレメディは以下の通りです:

CC12.2 Child tonic + CC15.1 Mental & Emotional tonic + CC17.2 Cleansing + SR542 Aethusa Cyn...一日回

週間の治療の後、母親から、%の改善があったとの報告がありました。あと数週間服用は続けられる予定です。

編集者注:SR542 Aethusa Cyn は既に CC12.2 Child tonicの中に含まれています。

処方例の全てを読む

HIVウイルス/AIDS(エイズ) 11177...India

エイズに感染した歳女性が年月日に実践者のもとを訪れました。彼女は貧しい家庭の出で、その年前に今の夫と結婚する前、彼がその事実を打ち明けることをせず、そのまま結婚生活に入り、感染を余儀なくされました。そのときから遡ること年前に、第子の誕生時に、彼女は合併症で入院し、その時の血液検査によって、自身がエイズに感染しているというショッキングな事実が明かされたのでした。悲しいことに、子供は生き延びることはありませんでした。家族の助けを得て、彼女は離婚を申し立て、地元の公立病院で対症療法の薬によるエイズの治療を始めました。そのとき、近所の人から実践者のことを聞いたのです。最初の面談時に、患者さんは疲労を訴えていました。消耗しきった様子で、無感動、絶望、生きることへの関心の欠如が見て取れました。以下の処方が行われました:

...(continued)

処方例の全てを読む

重度の鬱, 複視, 不眠症 01339...USA

友人の勧めによって、患者さんの息子さんが年月に実践者にメールを送り、彼の歳の母親の治療を求めてきました。母親は年以上、鬱と精神的混乱を患っており、この期間、次から次へと身体的な病も併発していました。体重は激減し、子宮摘出手術を受け、その他にも、糖尿病・高コレステロール・胆石・胃潰瘍・胸焼け・不眠症・激しい偏頭痛・鼻炎・痔疾を併発し、最近では複視に悩んでいました。身体的病は鬱の症状を深め、彼女は、日のうちのほとんどを床に伏して過ごしていました。息子さんによると、母親の症状は息子さんの結婚した時のころから出始め(下記コメント参照)、鬱に関しては、精神分析医の診療を受け向精神性薬剤を処方され、家族もまた、瞑想や音楽療法を試しましたが、どれも効果が出ないようでした。息子さんからのメールを受け取ってから、年月...(continued)

処方例の全てを読む

毛嚢(もうのう)炎(皮膚の真菌性感染症) 01767...Holland

年月日、歳男性が毛嚢炎(皮膚の真菌性感染症)の治療を求めていました。この症状は月日に発症し、顔の広い範囲、眉毛、頭に至るまで拡大しました。彼はエンジニアとしての職業からくるストレスが原因であると感じていました。皮膚の状態は、自身でも見苦しく感じ仕事にいくのも嫌になるほどでした。医師は毛嚢炎と診断し、抗生物質のフシジンを処方しました。しかしその効果は見られず、患者さんはこの薬の使用を中止し、以下の波動薬の処方を受けました:

#1. CC11.1 Hair tonic + CC11.2 Hair problems + CC15.1 Mental and Emotional tonic…一日回

週間後(月日)の再面談の際には、%の改善の報告がありました。彼は痒みをこらえ、なるたけ掻かないようにし、...(continued)

処方例の全てを読む

不眠症, 頻脈症 過食症, パニック発作、生理痛 02658...Italy

年月、歳の女性が仕事上のストレスに関連した症状の治療を求めていました。過去か月間、睡眠障害と頻脈症(異常なほど急速な心拍)に悩まされてきました。薬の服用はなく、以下のレメディが処方されました。

不眠症:

#1. CC15.6  Sleep disorders…就寝前分に回、就寝時に回、夜中に目が覚めたらもう回

頻脈症:

#2. CC3.1 Heart tonic + CC15.1 Mental & Emotional tonic…日回

か月後、睡眠と心臓の症状は双方ともに解消されました。#のレメディの服用は無くなりましたが、ストレスはまだあったため、#のレメディはもうか月継続されました。患者さんは実践者と連絡を密にとり、月にはインフルエンザの処方を受けました。

年月、...(continued)

処方例の全てを読む

息切れ、疲労、精神病 03507...UK

歳男性が年月日に息切れの治療に実践者を訪れました。彼は仕立て屋を営んでおり、長年ヘビースモーカーでしたが、年前に止めていました。過去、喘息を患ったことがあり対症療法の薬で抑えていましたが、か月前に、ほんの少しの動きにも激しい息切れが起きるようになりました。抗ヒスタミン剤や吸引器も助けにならず、数歩歩くことすら困難でした。彼は大変疲れており、エネルギー不足で仕事に行くこともなくなりました。彼は総合診療医の診断を受けた後、心臓専門医を訪ねました。全ての検査の結果は正常でした。最終的に、担当医師は肺からの過剰な分泌液を取り除く粘液溶解薬を処方しましたが、効果はありませんでした。患者さんには息切れに関して自身の解釈がありました。彼は、自身に危害を加えたいと思う誰かが呪いをかけていると信じていました。...(continued)

処方例の全てを読む

慢性偏頭痛、消化不良、パニック発作、身体の痛み 03507...UK

歳女性が異なる複数の症状の治療を求めていました。彼女は、偏頭痛,胃液の逆流を伴う消化不良、パニック症候群を年以上患っていました。彼女はまた、過去に痛めた右足骨折からの痛みと両腕に沿って起こる痛みにも年間悩んでいました。過去、痛み止めの薬を摂っていましたが、一時しのぎになるだけで、効果はなく、面談時点では薬の服用はありませんでした。年月日、以下の波動薬の服用が開始されました:

消化不良とパニック症候群:
#1. CC3.7 Circulation + CC4.1 Digestion tonic + CC4.10 Indigestion + CC10.1 Emergencies + CC12.1 Adult tonic + CC15.1 Mental & Emotional tonic...一日回

...(continued)

処方例の全てを読む

脳内損傷, 消化不良, 嘔吐& 便秘、不眠症、神経性皮膚炎, 年齢による衰弱 11573...India

年月時点で、実践者の歳になる祖母が複数の病状を患っていましたが、病状は年月の秋に右肩を骨折してから急激に悪化していました。右肩骨折の際、頭を打って脳内損傷も生じ、年月には脳内出血へと至りました。脳内出血のか月後、消化不良を伴う嘔吐が始まりました。食事の摂取は最小限となり、水やお茶ですら満足に摂れない状況で、次第に衰弱していったのです。対症療法やアユールヴェーダの治療法が試されましたが、症状は改善されませんでした。ホメオパシー療法は一時的ではありますが若干の緩和をもたらしました。散歩時の怪我以来、首の痛み、不眠症、坐骨神経痛を患っており、ごく最近では、神経性皮膚炎で全身に痒みがあり、時々、掻くことで出血しさらに症状が悪化することもあります。

以下のレメディが処方されました:

健康全般:
#1. CC3.1...(continued)

処方例の全てを読む

慢性の鬱 03505...UK

長期の鬱に悩む歳男性が年月日に治療を求めてやってきました。彼は数学の教師で、ストレスに過敏であり、精神的に混乱し、すぐにイライラしていて、怒りを爆発しがちでした。その年前には自殺を思い立ったことがあります。歳から続く鬱との長期にわたる葛藤によって自信は削がれていました。対症療法等の薬の服用はありませんでした。

面談の上、以下のレメディが処方されました:

CC12.1 Adult tonic + CC15.1 Mental and Emotional tonic + CC15.2 Psychiatric disorders + CC17.3 Brain and Mental tonic…水で、一日回、

日間の服用の後、患者さんからの報告では、波動薬の服用以来、鬱の症状は全くなく、...(continued)

処方例の全てを読む

鬱病 03503...UAE

ドバイに住む娘を訪れていた、ムンバイからの歳女性が年月日に実践者を訪ねてきました。彼女は泣き崩れ、取りつく島もありませんでした。家族の説明によると、過去年間、うつ病を患っており、医師から処方された抗うつ剤の服用である程度緩和されたものの、突然の癌による兄の死去でこの年間、その症状はさらに悪化していたのでした。日の中で、特に朝時から午後時まで、彼女は見境もなく泣き続け、時以降は少し楽になるのでした。うつ病の発症時の頃にあった娘の結婚による喪失感と兄の突然の死によって、死に対する恐怖にも悩まされていました。フルダックmgを摂取することでどうにか日々の生活をしのぐことができていました。患者さんの他の症状には、糖尿病、高血圧、足部の神経痛があり、それらは、対症療法の薬(Diamicron MEX 500 OD,...(continued)

処方例の全てを読む

タバコ中毒 10400...India

過去年間噛みたばこに耽溺していた歳男性が、この習慣を断ちたいと思い、様々な治療を受けてきましたが、年月日に実践者からの助けを求め、以下の処方を受けました:

#1. CC15.1 Mental & Emotional tonic + CC15.3 Addictions…一日回

週間後、噛みたばこの習慣は%減り、その衝動も少なくなったとの報告が患者さんからありました。しかしながら、突然、消化不良の症状が現れたため、以下のレメディが処方されました:

#2. CC4.10 Indigestion + CC17.2 Cleansing + #1…一日回

週間後、タバコの量は%減ったとの報告があり、消化不良も%改善されました。週間後には、患者さんから実践者に電話があり、...(continued)

処方例の全てを読む

息切れ、首の痛み、睡眠時無呼吸症候群、めまい 11271...India

年月日、歳の母親の治療を求めてその息子さんが実践者を訪問しました。母親は重度の呼吸困難のため集中治療室にいました。最近数か月、母親の傾向として、日中、居眠りをすることがありました。家族は、それは、夜間の睡眠が足りないからだと思っていました。月日、居眠り中に椅子から転倒し、首の第頸椎を損傷し病院に運ばれました。入院中、めまいや息切れ、眠気といった症状は血中酸素の欠乏の証拠であると診断されました。睡眠時無呼吸症候群に対して、人工呼吸器が装着されましたが、それは彼女の日常生活においては煩わしいものでした。処方された対症療法の薬には、パーキンソン病、椎間板ヘルニア、躁状態、重度の静脈血栓を含む慢性の症状に対するものがありました。

以下のレメディが処方されました: 

息切れ:
#1....(continued)

処方例の全てを読む

湿疹 01044...New Zealand

年月日、慢性で重度の湿疹の治療を求め歳の少年が母親に連れられてきました。自身が医師でもある実践者は、週間前に、自らのクリニックで週間前に最初に診断を行っていました。湿疹は頭から足の先まで広がって感染しており皮膚の落屑は頭皮及び全身に見られ、この症状の出ていない箇所はありませんでした。少年は実際、生後間もなくしてからずっと皮膚疾患を患ってきたのでした。出産直後は通常の皮膚の状態でしたが、か月後には発疹が見られるようになりました。少年は多くの怒りを抱え、良く眠れず、家族全体が影響を受けました。クリニックでは、母親に皮膚の手入れ法、抗生物質、ステロイド軟膏、肌荒れ防止クリームの処方についての説明がありました。皮膚炎(ひどい痒みと引っ掻き傷の感染の繰り返しとして特徴づけられる)に対するこれらの処方は、過去数年、...(continued)

処方例の全てを読む

不眠症 11176...India

歳女性が年月日に不眠症の治療を求めて実践者を訪れました。症状はか月間続いていましたが、薬は摂っていませんでした。以下の処方が行われました:

CC15.6 Sleep disorders…一日回、就寝時間前

数週間後、着実な改善が見られました。週間後には、夜時間眠れるようになり、続く週間では、時間となりました。次の週間後には、不眠症は完全に癒されました。年月現在、彼女は日々、夜時から朝の時まで時間の良質な睡眠を得ています。服用回数は徐々に減らしていく予定です。

処方例の全てを読む

慢性不眠症 03532...UK

歳のビジネスマンが年間患っていた不眠症の治療を求めていました。彼は散歩や旅行を好み、活動的で体格も良く、マインドの活動も大変活発でした。しかしながら、夜中に目が覚めると、すぐに何かを考え始めてしまうのです。不安を感じる夜には、全く眠れないこともありました。時々、メラトニンを摂取していましたが、それ以外の薬の服用はありませんでした。年月日に以下の処方が行われました:

#1. CC15.6 Sleep disorders…水で、就寝前分に、また必要であれば、睡眠の直前もしくは夜中に目が覚めた時に

翌日、彼からの報告があり、前夜はすぐに眠りに入り、朝時まで目が覚めることがなかったとのことでした。月日までに、患者さんは時間から時間の睡眠を規則的にとるようになったため、%の改善が見られたとのことです。...(continued)

処方例の全てを読む

Insomnia 01620...France

A 30-year-old male engineer from Africa, now working in Europe, complained of constant fatigue caused by insomnia. He said that for the last 10 years he had barely slept more than 2 hours a night. He had always avoided medication of any kind, not wishing to find himself addicted to whatever he was prescribed. On 15 November 2015 he was given:

CC10.1...(continued)

処方例の全てを読む

Disturbed sleep in a baby 03507...UK

On 14 January 2016, the practitioner was contacted by the mother of a 20 month-old-baby boy who suffered from severe sleep problem since birth. The baby was waking up every half hour or so throughout the night. This did not settle down as he grew older, he constantly needed the mother who looked very tired and stressed...(continued)

処方例の全てを読む

夜尿症 11422...India

年月日、歳の少女の母親が、少女が幼少時より慢性的に夜尿症を患っていることの相談のため実践者を訪れました。その頻度は歳から増え、毎日見られるようになった、とのことで、また、少女は睡眠中何らかの恐怖に襲われると話しました。両親は、医師にも相談することなく、また、少女にはいかなる治療も受けさせていませんでした。以下の処方が行われました:

#1. CC10.1 Emergencies + CC12.2 Child tonic + CC13.3 Incontinence + CC15.2 Psychiatric disorders…日回

週間後、母親から、おねしょの回数が日おきに減ったとの報告がありました。恐怖心の強度も%減じました。#の継続と共に以下の追加のレメディが処方されました:

#2. NM21...(continued)

処方例の全てを読む

Facial Paralysis, Neurosis 11576...India

A 30-year-old man approached the practitioner on 3 Dec 2015 for treatment of severe pain and partial facial paralysis with total numbness of his left cheek. He is a video jockey in a popular TV channel and his job involved extensive speaking. He mentioned losing self-esteem and having panic attacks that made him excessively anxious and fearful. He was also...(continued)

処方例の全てを読む

精神病 11576...India

大きな苦悩を抱えた父親が歳の息子を実践者のもとに治療を求めて年月に連れてきました。息子は過去か月学校に行くのを拒み、また時折、無関心・怒り・権力への抵抗を示すこともありました。実践者に会う約か月前に、一度そのような症状を示したことがありました。この時は、ちょうど父親の成功していた事業が頓挫してか月後にあたりました。この頓挫は、父親のライバルによってなされた黒魔術によるものであると彼の家族は信じていました。この件については、聖職者によって癒し目的のためのコーランの吟唱を含む祈りを通じて成功裡に対処された、とされていました。少年も通学を再開しましたが、か月も経たないうちに、再度、学校に行かなくなったのです。この時の聖職者の努力は助けとなりませんでした。少年は、その後、...(continued)

処方例の全てを読む

Hyperacidity, Indigestion, Headache & Insomnia 02840...India

A woman, 28 years of age, was suffering from hyperacidity, indigestion, headache, and insomnia for the past two years. Her job involved switching between night and day shifts during the same week. She was taking antacids which relieved her of some of the symptoms and that too, only temporarily. So the patient decided to take vibrionics treatment and stopped...(continued)

処方例の全てを読む

心身症を伴う偏食 11567...India

歳女性が年月日に母親によって実践者のもとへと連れてこられました。子供時代から、お米が喉に詰まってしまうように感じるために、お米(南インドでは主食)が食べられないという珍しい食事の制約を訴えていました。そのため、日食ともに、スナック菓子で済ましてきました。母親は多くの医師に相談して、娘の食道には何らの障害もないことを確かめていたため、原因は精神的なものであると推察していました。医師からは少しずつ、まずは少量のお米を食することから始めてみることが勧められましたが、お米を食しようとする時は毎回、一口ごとに、水を飲まなくてはならず、また、喉に詰まらせるという怖れのために、数口以上は口にすることはできませんでした。ホメオパシーの治療も試してみましたが、効果はありませんでした。

処方されたコンボは以下の通りです:
...(continued)

処方例の全てを読む

拒食症 11577...India

歳女性が 、原因不明ながら、突然すべての飲食物に対しての嫌悪感を抱き飲食を全く止めてしまいました。日後、彼女は極めて衰弱した状態で病院へと運ばれ、徹底した検査を受けましたが、全ての数値は正常で、明らかな原因を突き止めることはできませんでした。対症療法の薬が処方され、適切な流動食を摂るよう助言されましたが、患者さんの飲食物に対する嫌悪感は頑固なまでに残っており、処方された薬を初めとして口に入れることを全て拒みました。家族から無理やり強いられても少量の水をすする程度でした。日後、彼女は退院しましたが、家族は、彼女の衰弱した体調と拒食についてとても心配していました。その後、彼女は波動薬について聞き及び、その服用について同意をしたのでした。

年月日、以下のコンボが処方されました:
CC12.1 Adult tonic +...(continued)

処方例の全てを読む

偏頭痛, 睡眠障害 03516...Canada

 40歳女性が年月日に慢性の症状の治療を求めて実践者に連絡をとりました。年間、偏頭痛とそれを原因とする睡眠障害を患っていました。偏頭痛は耐えがたいほどの痛みで吐き気も伴っていたため、この症状は朝起きてから夜寝るまで日々の生活全般に影響を及ぼしていて、日中は、定期的に昼寝をしなければならないほどでした。仕事の方は、昼寝のおかげで何とか集中することができました。ホメオパシーも試されましたが、効果はなく、対症療法の医師も偏頭痛の原因を特定できず、そのため薬の処方もされませんでした。患者さんは強い痛み止めを日々摂取していましたが、効果はなく、また、睡眠に関しては、薬の服用はありませんでした。絶え間ない頭痛と睡眠不足のため、彼女は実践者との面談時には虚弱疲労の状態でした。

偏頭痛:
#1. ...(continued)

処方例の全てを読む

Anxiety, fear, panic attacks 03535...USA

A 30-year-old man contacted the practitioner about his anxiety, intense fear, panic attacks and depression which he had noticed for at least a decade but worsening for the past two years.  When in a crowd, terrifying thoughts of being fatally attacked plagued him, and he worried how his family would cope if he died. Consultation with a psychiatrist did...(continued)

処方例の全てを読む

Allergic rhinitis, indigestion, anxiety 01001...Uruguay

A 49-year-old lady having allergic rhinitis for the past 32 years, indigestion with flatulence, bloated abdomen, headaches and emotional problems since she got divorced in 2014, came to see the practitioner. She had been feeling insecure, anxious and tired all the time since her divorce. She took to binge eating for comfort and to calm herself. Patient...(continued)

処方例の全てを読む

Clinical Depression 02799...UK

A 61-year-old lady suffering from clinical depression for the past twenty years visited the practitioner on 6 August 2016 along with her husband who is a medical doctor. They had witnessed the effects of vibrionics on their friends and felt it was their last hope. Her husband described her as timid, having trouble socializing, with obsessive-compulsive...(continued)

処方例の全てを読む

Learning disability 02090...India

On 8 January 2017, a young mother brought her 8-year-old daughter to the practitioner. The child was in 3rd grade and had a history of learning disability. This was apparent from the fact that she had not even learnt the alphabet properly. The practitioner talked to both, the girl and her mother, and prescribed the following remedy:

CC12.2 Child...(continued)

処方例の全てを読む

Exam anxiety disorder 02899...UK

A 15-year-old boy was brought to the practitioner by his mother on 27 March 2016. He was studying for GCSE final examinations and was getting extremely stressed and anxious and this resulted in panic attacks. This exam was a crucial stepping stone in his career. The young student, generally not prone to stress, was so affected that he even suffered from...(continued)

処方例の全てを読む

Lyme disease, childhood trauma 03546...France

On 22 May 2017 a young man of 43 consulted the practitioner for treatment of Lyme disease. He had all the symptoms of the disease viz, loss of memory, headache, throat and stomach pain for the past four years. His joint pains were so severe that he had to stay at home. However the blood test did not confirm this diagnosis and the doctors suggested the...(continued)

処方例の全てを読む

Hypochondriasis 11567...India

A 35-year-old biology teacher was suffering from hypochondriasis* for the past 4 years. He became anxious over minor symptoms, even though he looked normal and healthy. Whenever he heard about a friend or a relative having hypertension or diabetes, he became anxious that he could also have the same disease. Overwhelmed by fear, he starts experiencing the...(continued)

処方例の全てを読む

Examination anxiety, extreme 03555...UK

On 24 September 2017, a 22-year-old male medical student came to the practitioner for treatment of his extreme anxiety due to his forthcoming exams due in 5 days. He explained that before every exam he felt very tense, stressed out and extremely anxious and could not eat anything.  He would get severe migraine headaches and could not...(continued)

処方例の全てを読む

Depression, dyspepsia and constipation 11581...India

A 64-year-old woman became anxious and depressed due to sudden death of her husband in 1990.  Due to anxiety, she developed psychological imbalance resulting into dyspepsia and constipation and she went through all these for 15 long years.  She is non-diabetic and non-hypertensive.  She had been taking allopathic medications for depression,...(continued)

処方例の全てを読む

Examination stress 11590...India

A 17-year-old medical student was extremely stressed due to her forthcoming final examinations. She was studying long hours but for the past two weeks she was having difficulty in remembering what she read.  When she consulted the practitioner on 1 Dec 2017, she complained of disturbed sleep, lack of concentration and poor memory due to stress.

She was...(continued)

処方例の全てを読む

Depression 11590...India

A 22-year-old final-year student could not handle love rejection by his classmate and since then he suffered from inferiority complex and lack of confidence. He started skipping breakfast and lunch. He was not regular in attending classes and preferred spending most of his time alone in the library. Over the past 3 years, he has become very short...(continued)

処方例の全てを読む

Headache, behavioural problems 11271...India

An 11-year-old girl was brought to the practitioner by her mother for treatment of chronic headache on 4 June 2016. For the past 3 years, the headache occurred at least twice a week and each time it lasted for 2-3 hours. At the age of three, she was diagnosed with a brain tumour that was surgically removed and she was put on allopathic medicines which are...(continued)

処方例の全てを読む

Nervousness 11271...India

A 43-year-old school teacher lacked self-confidence and suffered from nervousness for more than 10 years. He felt so nervous that he was not able to write on the blackboard properly and this started affecting his career. He started losing confidence in even signing the attendance register if someone was watching; his handwriting started to become illegible....(continued)

処方例の全てを読む

Insomnia 03564...Australia

A 69-year-old woman visited the practitioner for treatment of insomnia she had been suffering from, for the last ten years. Her usual pattern of sleep was going to bed at 10 pm at night and within an hour she would be awake. Thereafter she found it difficult to fall asleep unless she took an allopathic sleeping tablet. The patient voluntarily stopped...(continued)

処方例の全てを読む

Prostate cancer, phobia 02799...UK

A 54-year-old male came to the practitioner on 23 March 2017 with a diagnosis of prostate cancer. He had been experiencing nocturia for the past three months. On 16 February 2017 his PSA (Prostate-specific antigen) count was 37 ng/mL. He also had a history of phobia of darkness since he was 25 years old and he could not even go out at night. His anxiety was...(continued)

処方例の全てを読む

Fungus on scalp, black magic, poor memory 03572...Gabon

The 9-year-old son of the practitioner had a fungal infection that looked like dandruff all over his scalp, extending down to the neck (see pic).

It was often itchy. Each time either parent combed his hair, dandruff-like white particles would fall off. He also had large white spots on the right and back side of the neck and on top of the head. All the...(continued)

処方例の全てを読む

Grief, shock 11389...India

A domestic helper aged 46 visited the practitioner on 27 April 2017. She was in a desperate situation as her 19-year-old daughter had run away from home 3 days ago. The patient was in a state of shock and suffering from inconsolable grief, severe headache and breathlessness, and appeared to have high BP. But she was not hypertensive and was not taking...(continued)

処方例の全てを読む

Delusions, incoherent speech, possession by entities 03572...Gabon

A 33-year-old male was brought by his sister to the practitioner on 3 August 2018 at 2 am. He had been suffering from delusions, speaking incoherently, and unable to sleep at night, for the past two weeks. His actions were so disturbing that no one could sleep that night, hence the treatment was sought at this unusual hour. His behavior caused fear in the...(continued)

処方例の全てを読む

Psychic attacks 02836...India

A 35-year-old female, strong and stout in physical stature, was brought to the practitioner by her husband on 15 September 2010. For the past 10 years she had been undergoing psychic attacks. It had now become her habit to scream, use foul language, and beat her teenage son and daughter and even her husband, almost every other day. She was under allopathic...(continued)

処方例の全てを読む

Injury with nightmares 03546...France

In November 2017 a 35-year-old man left the Ivory Coast for Tunisia in pursuit of better job prospects. After a sea crossing in dramatic circumstances he lived for 9 months in “migrant” camps in Libya, Italy and France; during this time, he got separated from his pregnant wife. In September 2018 while at a camp in Italy, he was attacked by two...(continued)

処方例の全てを読む

Panic attacks after trauma 03533...UK

In December 2015, after a sexual assault, a 23-year-old independent and extrovert woman started having panic attacks every other day; symptoms were sudden trembling, palpitation, heightened bouts of anxiety with sweating, and ashen face. Whenever the incident flashed past her mind, these symptoms would arise. Gradually she lost self-confidence and refused to...(continued)

処方例の全てを読む

Compulsive fur-chewing in cat 03553...Canada

An 8-year-old rescue cat named Abby suffered from nervousness right from the time adopted by her owner in November 2009, when she was 10 weeks old, from a home with kids who handled her roughly. She jumped at the slightest noise, hesitated to bond with the owner, and often chewed her fur in desperation. As a result, she developed bald patches on her body...(continued)

処方例の全てを読む

Primary infertility 03572...Gabon

A 33-year-old woman could not conceive even after six years of marriage, despite several medical examinations and allopathic treatment for over 3 years. The attending doctors could not diagnose the cause as the medical reports did not show any abnormality. On 1 October 2018, she visited the practitioner in a desperate state as she was the only childless...(continued)

処方例の全てを読む

Bipolar disorder 03572...Gabon

A 42-year-old female, graduate artist proficient in painting and ceramics, used to help her mother in her drugstore. But she lived in a pitiable condition for the past 10 years by locking herself in her room most of the time. She wore ragged clothes and sometimes dragged herself on streets. She neither spoke to anyone nor accepted anything from anyone except...(continued)

処方例の全てを読む

High BP, heart attack, dementia 01616...क्रोएशिया

A 78-year-old woman on allopathic medicines for the past 30 years for high blood pressure, had in July 2017 a mild heart attack which made her bedridden. She was put on an antidepressant along with medication for heart. One month ago, she developed dementia, stopped recognising people, and found it difficult to keep her eyes open.

On 19 July 2017, her...(continued)

処方例の全てを読む

Addiction 01163...क्रोएशिया

A 51-year-old fisherman, addicted to alcohol for more than 20 years and criticized by his family all the time, did nothing to overcome his addiction. Rather he was in debt, stopped supporting his family, avoided doing his share of routine chores in the house and garden, and became temperamental and an angry man.

In November 2017 he lost his appetite, was...(continued)

処方例の全てを読む

Insomnia 03582...दक्षिण अफ्रीका

A 66-year-old housewife suffered from insomnia for the past 17 years. She could sleep only for about 3 hours every night. This made her lethargic, irritable, and mentally and physically exhausted. She had difficulty in doing even her routine household chores. She had not taken any medicine for insomnia.

On 19 September 2019, she visited the...(continued)

処方例の全てを読む

Removal of entity 11601...भारत

An 11-year-old girl had intolerable pain in her legs, especially thighs, and middle of her abdomen due to which she missed her school for the past three weeks. Presuming that her symptoms may be due to onset of puberty, her parents had consulted a doctor who also suspected the same. As medicine did not help her, the parents brought her to the practitioner on...(continued)

処方例の全てを読む

Anxiety, depression, panic attack, tinnitus 02899...UK

A 63-year-old female was suffering from anxiety, depression, panic attacks and a touch of insomnia for the past 10 years. She had become totally dependent on allopathic medications because these helped control the panic attacks; also, she was able to go to work and carry on with her normal activities. If she stopped taking them for a while, her symptoms...(continued)

処方例の全てを読む

Insomnia 00814...Croatia

A 65-year-old woman, known to the practitioner for a long time, asked for help with insomnia. For over a year, she had been sleeping less than two hours a night. She looked upset, nervous and restless which was unusual for her as she leads a very healthy lifestyle; she did not have the will to live.

On 10 September 2019 she was given:...(continued)

処方例の全てを読む

Psychiatric disorders 11592...India

In 2017, when a 40-year old woman visited the practitioner, she was extremely distraught due to unknown fears, persistent sadness, and crying for no reason. Any news of death made her shiver with fear and the sound of an ambulance frightened her. She felt strain in the nerves on top of her head resulting in severe headache. She...(continued)

処方例の全てを読む

Anxiety 11597...India

On 5 May 2018, a 47-year-old female consulted the practitioner to overcome her habit of constant worrying. Whenever she was emotionally disturbed, she would notice an unsteady gait and feel the heaviness of heart. These symptoms of restlessness and anxiety began in Dec 2017. Although her menstrual cycle had been erratic for three months, she did not...(continued)

処方例の全てを読む

Anxiety disorder 03576...UK

On 15 March 2019, a 48-year-old male contacted the practitioner to ask if she could help. For the past six months, he had been suffering from severe anxiety attacks, tiredness, and mood swings. A blood test revealed a TSH level of 6.8 mIU/L (normal range 0.4 to 4.0) that could lead to hypothyroidism in the future. The doctor did not give any medicine but...(continued)

処方例の全てを読む