サイ波動薬通信

" 病める人、打ちしおれた人、落胆した人、疾患に苦しむ人がいれば、まさにそこにあなたの奉仕の場があります " Sri Sathya Sai Baba
Hands Reaching Out

関連する処方例
分泌系

Gangrene, Diabetes 02494...Italy

While in Prashanti Nilayam, the practitioners (husband and wife team) decided to make a phone call to on old friend in Italy, who was very ill, to see how he was faring. They had been out of touch for some time. Their friend, then 64 years old, had been suffering from diabetes for 30 years and was insulin dependent but did not take care of himself. He was in...(continued)

処方例の全てを読む

甲状腺機能低下症(インド) 02836...India

歳の男性が幼少の頃より甲状腺機能低下症を患っていました。実際にはエネルギー不足であるにもかかわらず、怠けているように見えてしまうのです。髪の毛がたくさん抜け、顔はむくみで腫れ、慢性的な貧血に悩まされ、夜は悪夢により睡眠が中断されていました。過去年から年の間、ときおり対症療法の薬が服用されていましたが、根本的な改善は見られず、逆に、最近では症状は悪化しているように見えました。以下のレメディが処方されました。

CC3.1 Heart tonic + CC12.1 Adult tonic + CC15.1 Mental & Emotional tonic + CC18.1 Brain & Memory tonic….TDS

カ月後、症状は少し改善され、...(continued)

処方例の全てを読む

糖尿病患者の足切断手術の回避(インド) 02640...India

長年、糖尿病を患っていた歳の男性は、既に右足のつの指全てを手術により失っていました。更に、彼は膝までの右足切断手術の可能性のために入院中でしたが、波動薬実践者により、手術回避のための以下のレメディが処方されました。

ボトル:NM20けが + NM25ショック + NM32 静脈―痔疾 + SM15循環  +SR264 シリカ (200c) +  SR293 火薬  +SR298 ラケシス(30c) +SR325救急  +SR408ライムギ(30c)

一日回

ボトル:SM17糖尿病  + SM39 緊張  +SM41心の高揚一日回

日後、この男性には顕著な回復が見られ、医師から切断手術の必要が無くなったと告げられました。ただ、...(continued)

処方例の全てを読む

糖尿病第二タイプ 02786...Russia

歳の女性であるこの患者さんは年間第二タイプの糖尿病を患っていました。感情的な彼女は気力が萎え、多くのストレスと肥満に悩まされ健康状態は良くありませんでした。糖尿病に関しては対症療法薬のバイエッタとグルコバンスが投与されていました。血糖値は、通常のレベルが.であるところ、を示していました。彼女に処方されたレメディは次の通りです。

#1) CC12.1 Adult tonic(成人トニック) + CC15.4 Eating disorders(摂食障害 + CC18.1 Brain disabilities(脳障害)...TDS. (一日回)

#2) CC6.3 Diabetes(糖尿病)…TDS. (一日回)

週間経過後、彼女の健康状態は良くなり気力も充実するようになりました。...(continued)

処方例の全てを読む

甲状腺機能低下症 02799...UK

この実践者のシエラレオネでのセヴァの際に、英国から対症療法のチームと共に来ていた女性医師が、波動薬による現地の人々への治療の様子を見る機会がありました。彼女は帰国すると、実践者に連絡し、自身の機能の低下している甲状腺を波動薬で治すことができないかどうか尋ねました。彼女は年間この症状を患っていて、毎日、チロキシン(甲状腺から分泌されるホルモン)をmg摂っていました。彼女の住居は実践者からは遠かったので以下のレメディが郵送されました。

SR308 Pituitary Gland (脳下垂体)+ SR319 Thyroid Gland(甲状腺) + SR521 Pineal Gland(松果体) + SR568 Hypothyroidism(甲状腺機能低下症) + CC15.1 Mental &...(continued)

処方例の全てを読む

Diabetes with High BP 11423...India

A 49-year-old male patient was diagnosed with diabetes a year before he saw the practitioner. He also had high blood pressure and high cholesterol. He was given:
CC3.3 High Blood Pressure + CC3.5 Arteriosclerosis + CC6.3 Diabetes…TDS.

On a regular self-monitoring over a period of a few weeks, there was no change. However, what did come to light was...(continued)

処方例の全てを読む

Infertility 11476...India

A woman aged 33 had not been able to conceive a child for 8 years even though she had tried various artificial allopathic methods. When she came to the practitioner in October 2011, she was tense and agitated. She had been taking allopathic medicines for diabetes for 6 years and hypothyroidism for 3 years. She was given the following:
#1. CC6.2 Hypothyroid +...(continued)

処方例の全てを読む

Diabetes with High BP and High Cholesterol 02859...India

A 49-year-old male was diagnosed with diabetes a year previous. He also had high BP and high cholesterol. He was given:
#1.  CC6.3 Diabetes…BD

#2.  CC3.3 High Blood Pressure + CC3.5 Arteriosclerosis…BD

The patient monitored his blood sugar regularly but found  there was not much improvement. Further investigations...(continued)

処方例の全てを読む

Diabetes, High BP & Depression

In May 2008, a female patient, 52, who was a distant relative of the practitioner, sought treatment for diabetes and high blood pressure. She had been diagnosed with diabetes 10 years earlier and was now insulin dependent; she took 15 units of insulin before lunch and 10 units before dinner daily. With this, her random blood glucose was 150. In addition, she...(continued)

処方例の全てを読む

Difficult Pregnancy

A 33-year old woman came to see the practitioner in October 2012 because she had been trying to have a child for 7 to 8 years without success despite allopathic fertility treatment.  She was also taking allopathic drugs for hypothyroidism (Thyronam 25 mg OD, since 2008) and for diabetes (Centapin XR tablet OD, since 2005).

She was given:
#1. CC6.2...(continued)

処方例の全てを読む

尿路感染症と糖尿病 11520...India

糖尿病の治療を受けていた歳の男性が年月日、膀胱炎の治療を求めてきました。尿内の膿細胞の濃度が-hpf(high power field: 高倍率(400倍/強拡大)での視野)で、38.9° Cの高熱がありました。その前の週には、頻尿、排尿の際の焼け付くような痛み、失禁が見られました。また病歴として、年間の慢性便秘と年間にわたる慢性糖尿病がありました。

まず、急性の症状に対して、以下のレメディが処方されました:

#1. NM21 KBS + NM36 War + SM27 Infection + SR456 Bladder (Urinary) + SR536 Urethra + CC10.1 Emergencies…一日回

月日、コンボの服用から日目には、症状の%の改善が見られ、...(continued)

処方例の全てを読む

肝臓癌患者の治療

歳の女性が肝臓癌およびその合併症(腹部に水が溜まる等)と診断され、そのため、
腹部からは常に水を抜かなければならない状態が続いていました。膝には浮腫みが、また
胆嚢の肥大も所見されました。彼女は糖尿病・高血圧、および便秘・不眠症にも悩まされ
ていました。医師からはカ月の余命と宣告されていましたが、波動薬実践者より次のレ
メディを受け取り、服用し始めました。
CC2.1 癌+CC2.2癌の痛み+CC2.3腫瘍・病的増殖+CC4.2肝臓・胆嚢活性+CC6.3糖尿病+CC12.1
活性+CC19.3喘息+CC19.4喘息(救急) +CC20.3 関節炎+CC20.6骨粗そう症
上記レメディ服用後、一週間で逆症療法(医師から)の薬をほとんど手放すことができ
、カ月後、彼女の健康は改善し、胸膜滲出がおさまり、...(continued)

処方例の全てを読む

Diabetes 02640...India

A medical doctor, aged 67 years, working for an ESIS hospital, was advised to undergo cataract surgery. But his blood sugar levels were not within the acceptable limits in spite of the fact he was on insulin for a long time. Since the operation was urgently required, he came for help and was put on the following vibro combination:

CC6.3 Diabetes…BD

...(continued)

処方例の全てを読む

Life-long Constipation 02859...India

An 80-year-old man approached the practitioner with some trepidation looking for a solution to lifelong constipation for which he had taken all possible treatments. He was given:
CC4.4 Constipation…TDS

His was relieved of the constipation right away. He told the practitioner that vibrionics has changed his life, he is more...(continued)

処方例の全てを読む

Leukaemia 11993...India

A 72-year-old male had been diagnosed with the last stages of blood cancer. He had been suffering from this for two years, was also diabetic and bedridden. Doctors predicted that he would not live for more than two weeks. He was given the following:
#1. CC2.1 Cancers - all + CC3.1 Heart tonic…TDS

#2. CC6.3 Diabetes + CC12.1 Adult tonic + CC15.1 Mental...(continued)

処方例の全てを読む

Carpal Tunnel Syndrome 11476...India

A 46-year-old woman has developed carpal tunnel syndrome due to excess use of a computer. For 4 months she had pain in the wrist, hands and fingers. The pain in the wrist was so severe that she had difficulty in performing even simple tasks with it. She was given the following, and as she was also diabetic a combo was included for that as well:
CC6.3 Diabetes...(continued)

処方例の全てを読む

糖尿病 and Circulation 02802...UK

実践者手記:英国を訪れていた歳のインド出身のサニヤーシ(出家者)が肋骨と両腕に針で刺すような痛みを伴う、焼けるような激しい感覚にか月間悩まされていました。彼は型の糖尿病をも患っていましたがメトホルミンによって症状は抑えられていました。これは糖尿病神経症のケースで、医療処置のできないものですが、彼は世界中を旅していて、食事の内容については良く管理していました。

年月の初診の際、以下のコンボが処方されました:

#1. CC3.7 Circulation + CC6.3 Diabetes + CC18.5 Neuralgia….一日回

日以内に、症状は%改善し、その後数週間して完治しました。年月日にはインドから上記のコンボを郵送して欲しい旨の電話がありました。...(continued)

処方例の全てを読む

重症筋無力症 10001...India

歳の女性のアシスタント実践者が重症筋無力症を年から患っていて、年月に治癒を求めて実践者を訪ねました。彼女の全ての筋肉がその症状を表していましたが、特に、次のつの問題によって悩まされていました。

.複視 (物が二重に見えること)、視点を固定することが困難なこと―――こうした症状によって、一時に分以上文字を読むことができず、夜間における読書は不可能でした。

.喉の筋肉が弱く、また、彼女が疲労している時は舌が重くなり、話がしずらいこと。

.肩が重く感じられ、疲れやすいこと。

また、彼女は重症筋無力症に関連した失禁も患っていました。

上記の症状に加えて、年にはステロイド性糖尿病、年には甲状腺機能低下症の診断も下されました。これらの症状に対して彼女は対症療法の薬を服用していましたが、血糖値の水準は変動を繰り返しがちで、...(continued)

処方例の全てを読む

甲状腺機能低下症, 足のむくみ, 関節の痛み, 失禁, 精神不安 02817...India

実践者手記: 波動薬を服用している共通の友人の家で歳の女性にお会いしました。その女性は過去年間様々な問題を抱えていました。足の裏の焼け付くような痛み、足の裏やつま先のむくみ、精神疾患、極端に低い自尊心、歩行困難、痛みのため手を思うように動かせないことなどです。また年間は、関節の痛み、失禁、そして甲状腺機能低下症を併発していました。対症療法を何年も受けていましたが、症状が改善されることはありませんでした。肥満であることにたいして自分を責め続けており、全てに怒りを感じていました。失禁のため彼女は家から離れることを避けていました。彼女は声を上げて泣き、私の手を取って、友人から紹介された波動薬を通して神が症状を癒してくれることを願いました。彼女の話に耳を傾けると、結婚生活に問題があり、同じ家に住みながらも...(continued)

処方例の全てを読む

Diabetes 11573...India

A lively, cheerful 47-year-old woman came to the practitioner on 10 April 2015 with multiple problems. She had suffered a brain haemorrhage 18 years ago after a homoeopathic overdose. She fortunately recovered from it. A year later, she was diagnosed with a benign cervical tumour. She had also been suffering from pain, inflammation and cramps in her arms and...(continued)

処方例の全てを読む

乾癬, 2型糖尿病, 涙目 02799...UK

過去年間、重度の乾癬を患っていた歳男性が、年月日に来訪しました。足の皮膚は黒く、厚く、剥げ落ちており、このことで彼は大変憔悴していました。彼はステロイド軟膏を処方されていて、定期的に用いていましたが、あまり効果はありませんでした。また、第型糖尿病の治療を過去年間受けていましたが、対症療法の薬(メトフォルミンとグリクラジド)ではうまく抑えることはできませんでした。更に、過去年半の間、涙目にも悩まされ、目薬を用いていましたが症状は改善されませんでした。糖尿病に対する対症療法の薬の他には薬の摂取はありませんでした。以下のコンボの処方が行わました:

乾癬:
#1. CC21.1 Skin tonic + CC21.2 Skin infections + CC21.3 Skin allergies + CC21.6...(continued)

処方例の全てを読む

呼吸アレルギー 11278...India

歳の実践者は活動的ではありながらも、年間,ハウスダストと刺激臭に対するアレルギーに悩まされ、それらはくしゃみと長引く鼻詰まりの原因となっていました。年までに、抗アレルギーの対症療法の薬をほぼ毎日摂取しており、また、血糖値のレベルはわずかに高い程度で、糖尿病の治療は受けていませんでした。年月までに、血糖値は正常値(空腹時:150mg/dl、食後:200mg/dl)よりも十分に高いレベルを示し、また、穏やかな高血圧と診断され(140/80).糖尿病の薬(Diamicrox R-6昼食前に日回)と血圧の薬(Cardace 2.5 mg、日回)を処方されました。年月日に対症療法の薬と併用して以下のような波動薬の治療が始まりました:

呼吸アレルギー:
#1. CC9.2 Infections acute + CC19.2...(continued)

処方例の全てを読む

糖尿病、メトホルミン( Metformin:ビグアナイド系薬剤に分類される経口糖尿病治療薬の一つ)アレルギー 11567...India

年月日、か月前に糖尿病と診断された歳女性(空腹時血糖値:190mg/dL, 正常値70-110mg/dL; 食後血糖値: 250mg/dL, 正常値 70-150mg/dL)が治療を求めて実践者を訪れました。その日に行われた検査の血糖値の値(316mg/dL, 正常値 70-130mg/dL)にも示されているように症状は不安定のままでした。患者さんは対症療法のメトホルミンに対して激しいアレルギーがあり(ナス、魚、ジャガイモなどの食品に対してもアレルギーがありました)、その服用ができないでいました。メトホルミン錠が下痢、めまい、蕁麻疹を誘発するため、彼女はホメオパシーを試しましたが効果はありませんでした。それまでのか月間、彼女には虚弱感と疲労感があり、また足に焼け付くような感覚があり、夜中に,...(continued)

処方例の全てを読む

糖尿病による壊疽 02786...Russia

年月日、入院している友人をお見舞いにいった実践者は、糖尿病の重度の併発症を患っている歳の女性に出会いました。彼女は、発作の後、村から町の病院へと運び込まれたのですが、糖尿病をどのくらいの期間患っていたのかについては、実践者は患者さんの口からは知ることはできませんでした。血糖値が非常に高く、長い間インシュリンでの対応をしていることは明らかでした。

糖尿病のために腎不全となり、糖尿病網膜症からほとんど視力を失っている状態でした。更に、糖尿病を起因とする壊疽(足と、両足下分のの脛骨)も患い、皮膚は濃い茶色で触感は固く、概観は木の樹皮のように見えました。病院では足部の緊急手術が必要であると勧告され、発作の治療を終えた後、か月間その準備のための手続きがとられました。健康状態は非常に悪く、彼女自身、...(continued)

処方例の全てを読む

肩と肘の急性腱炎、糖尿病 01096...USA

年月日に、医師でもある実践者は歳の患者さんから電話を受けました。ビー玉ほどの大きさ(10-25 mm)の瘤が両肩や肘の関節部分にでき、前肘関節の腱は両腕ともひどい炎症で激しい痛みを伴っていました。過去週間、激しい痛みのため彼は腕を動かすことができませんでした。職場での大量の煙に晒された後、建設現場では粉塵に見舞われており。この症状の痛みに対しては、治療や医師の助言を求めておらず、また、この実践者からは大変遠くにすんでいたために、患者さんは実践者に会いに行くこともできませんでした。彼は糖尿病を3年間患い、対症療法の薬(メトフォルミンgm、1日2回)を摂取していました。以前、波動薬による糖尿病の治療を試みていましたが、今回が再度の服用となり、以下のレメディが処方されました:

腱炎・瘤:
#1. CC2.3...(continued)

処方例の全てを読む

Diabetes, Lump under the Ear 10399...India

A 41-year-old man suffering from diabetes for three years came to the practitioner in June 2010. He was taking allopathic medicine but wished to take Vibrionics also. He was given: 

For diabetes:
#1. CC3.1 Heart tonic + CC6.3 Diabetes + CC7.1 Eye tonic + CC12.1 Adult Tonic + CC13.1 Kidney & Bladder tonic…TDS

He visited the practitioner...(continued)

処方例の全てを読む

気管支炎, 咳、慢性消化不良 03524...USA

歳の才能あるバジャンの歌い手が慢性気管支炎の治療を求めていました。年前に始まった痰を伴う咳が発端で、この後、気管支炎の発作はお香や他の強い香りに対するアレルギーによって引き起こされたのでした。彼女は呼吸のための吸入器を定期的に必要とし、しばしば抗生剤を摂取しなければなりませんでした。過去年間バジャンを歌い続けてきましたが、それにも関わらず、今となっては、しつこい咳や痰に対する不安から自信を失っていました。感情的にも精神的にも落ち込み、疲労感から痩せていきました。彼女はまた、少なくとも年間にわたる消化不良の症状も患っていました。以下のレメディが処方されました:

 消化不良、体重の減少:
#1. CC4.10 Indigestion + CC6.1 Hyperthyroid + CC12.1 Adult...(continued)

処方例の全てを読む

Overweight, Irregular Menses, Infertility 02806...Malaysia

A 28-year-old lady contacted the practitioner on 20 February 2014 for treatment of her obesity. Her height is 168cm/5ft 5in, weight was 88kg/194lb and Body Mass Index (BMI) 31.6. She had also been having irregular periods over the past one year. She had no other health problem and was not on any medication. Since excessive body weight can cause menstrual...(continued)

処方例の全てを読む

White Spots 10940...India

歳のビジネスマンが、首と大腿部にできた白斑の治療のため波動薬を求めてこられました。その症状はか月続いており、以下のレメディが年月日に始められました。

#1. SR252 Tuberculinum 200C…週間に日, 4

#2. CC15.1 Mental & Emotional tonic + CC21.2 Skin infections…一日回

か月後の月日、%の改善が見られ、上記番のレメディの服用は継続され、上記番のレメディは下記の処方へと変更されました:

#3 SR250 Psorinum 200C…週間に日, 2

か月半後の年月日、改善の程度は%になり、上記番のレメディの服用は継続されながら、上記番のレメディは下記に変更されました。

#4....(continued)

処方例の全てを読む

Diabetes, resting tremors, high BP, partial hearing loss 03535...USA

An elderly man aged 76 sought the practitioner’s help to address his long-standing multiple chronic problems. In 1984 his son died in an accident. The pain of losing a grown up child was unbearable and his emotional state started affecting his body. A couple of years after the accident, he was diagnosed with diabetes mellitus. He also had a family...(continued)

処方例の全てを読む

Diabetes, Hypertension 03535...USA

A 60-year-old woman had been suffering from diabetes mellitus and hypertension for fifteen years. Chronic stress and tension were thought to be the main causative factors for her condition. In spite of taking allopathic medicines right from the beginning for both her problems, the fasting and postprandial (after eating) sugar levels were 190 and 250...(continued)

処方例の全てを読む

Diabetes, diabetic sores, back pain 03516...Canada

On 15 January 2015, a 40-year-old man sought treatment from the practitioner for type-2 diabetes, diabetic sores and back pain. His blood sugar was so high (~12mmol/L) for the past three years that he needed daily insulin injections along with a low dose of Metformin. Also for three years, he had diabetic sores on his right shin with open wounds. The sores...(continued)

処方例の全てを読む

Diabetes, chronic cough...UK 02799...UK

A 70-year-old lady was suffering from persistent severe dry cough for the past two years. She was being repeatedly treated with antibiotics which provided temporary relief only. Seven years ago, suddenly she felt dizzy and it was found that her blood sugar was very high. So the doctor immediately put her on insulin. She had a history of high blood pressure...(continued)

処方例の全てを読む

Hypothyroidism and irregular periods 11570...India

A 35-year-old lady was suffering from hypothyroidism for two and a half years. She had been taking thyroxine 50 mcg but this treatment was not helping her. She felt tired, frustrated and unable to cope. For the past one year, her periods were irregular, occurring 7-10 days later than the due date. She had tried allopathic medication to regularize her periods...(continued)

処方例の全てを読む

Multiple strokes, hearing and memory loss 03535...USA

The practitioner visited an 89-year-old man recently discharged from hospital. The man expressed his desire to take vibro remedies for his low energy, two-year-old hearing loss (one had to practically shout into his ear) and one-year-old mild memory lapse (for example, forgetting particular names and certain incidents). He was not taking any medication for...(continued)

処方例の全てを読む

Hypothyroid 11576...India

On 12 Mar 2016, the practitioner was approached by a 42-year-old lady who was suffering from hypothyroidism for the past 10 years. She was overweight and did not have an energetic profile due to the effect of reduced thyroid hormone. Though her heart rate and cholesterol levels were normal, she complained of feeling tired, sluggish,...(continued)

処方例の全てを読む

Hypothyroidism, chronic cough and asthma 03542...UK

On 26 July 2016, a female aged 60 saw the practitioner for her health problems. 

Her asthmatic condition started over 40 years ago that subsequently had stopped and resurfaced recently. The condition was rapidly deteriorating and she needed to use Ventolin inhaler or nebuliser at least twice a day to control her wheezing. She was also suffering from...(continued)

処方例の全てを読む

Hypothyroid 11600...India

A 43-year-old female was diagnosed with hypothyroid 7 years ago when she was prescribed Thyroxin 100mg per day. After one year, she developed itching, dry skin and headache. At her routine check-up in March 2018, the TSH value was a little high at 7.82 (normal range is 0.13 - 6.33). She came to the practitioner on 3 Aug 2018 when she...(continued)

処方例の全てを読む

Hypothyroid 11594...India

A 20-year-old girl had developed dark circles under her eyes 3 months ago. In the past 2 months, her weight had increased from 51 kg to 53 kg, she felt feverish every day, and had profuse hair fall. On 28 May 2018, the practitioner advised her to get the thyroid level checked. Two days later she came back with her medical report, serum TSH was 12.5 mIU/L,...(continued)

処方例の全てを読む