サイ波動薬通信

" 病める人、打ちしおれた人、落胆した人、疾患に苦しむ人がいれば、まさにそこにあなたの奉仕の場があります " Sri Sathya Sai Baba
Hands Reaching Out

関連する処方例
と腫瘍

Pancreatic Cancer 10251...India

While living in the US, an elderly lady (80) developed a severe stomach ache and loss of appetite, which continued for nearly a year. While visiting her daughter in Mumbai in February 2014, medical tests were done. To her dismay, the tests revealed adenocarcinoma (pancreatic cancer) stage IIB. The mass was 5X2.6cm, with a metabolic activity of 3.3. It was...(continued)

処方例の全てを読む

湿疹と顔面腫瘍(インド) 02826...India

歳の女性が首の右側から頭部にかけてとてもかゆみのある湿疹を患っていました。ヶ月前にはおでこにレモン大の腫瘍ができ、その腫瘍の表面にはいくつかのおできやはれものがありました。また、過去年間、黒ずんだ色素沈着が身体のあちこちに見られました。彼女はまた貧血で、おそらくは、彼女が抱えている身体的外観への心配や不快感、恥ずかしさなどによる深い鬱をも患っていました。これまで抗生剤や対症療法、アユールヴェーダ療法が試されましたが何の変化もなく、以下の波動薬が処方されました。

CC2.3 Tumours & Growths + CC3.1 Heart tonic + CC12.1 Immunity + CC15.1 Mental & Emotional tonic + CC21.2 Skin infections...(continued)

処方例の全てを読む

下肢急性リンパ腺白血病(インド) 02826...India

歳半になる男の子が白血病となりました。当初は熱が出る程度でしたが、入院先の医師により血液の癌であることが判明し、化学療法やその他の対症療法が投与されました。週間経ってから、この少年の祖父母がスワミの祝福された波動薬を知り、治癒を確信して以下のレメディを受け取りました。

CC2.1 Cancer + CC3.1 Anaemia + CC12.2 Children’s tonic…TDS

定期的な服用を始めてカ月後、体力はまだ回復していないものの、この小さな患者さんの気持ちが明るくなったとの報告が祖父母からあり、病院の見解も病状は良好に推移しているとのことでした。更にカ月経つと、%の改善が見られ、その後も着実に健康を回復していき、か月後には完全な健康体となりました。この間、...(continued)

処方例の全てを読む

子宮癌(日本) 02703...Japan

歳の女性が医師により子宮癌と診断され、手術が提案されました。彼女は波動薬実践者に助けを求め、以下のレメディが処方されました。

CC2.1癌全般 +SR350ヒドラスチス+SR391クレオソート+SR537 子宮....一日回

か月後、子宮内の癌の減少が確認されたものの、子宮摘出手術が行われました。しかし、その後、腹部に水が溜まりこの部位にも癌が広がり始めました。医師は、癌が第段階まで進行していることから放射線・化学療法の開始を勧めましたが、患者さんはそれらを含むすべての逆症療法を断り、波動薬の服用を続けました。また波動薬の処方には以下のものが加えられました。

SR271アーニカ +SR345カレンドユラ +SR353レドユーム一日回

か月後、医師は大きな驚きを持って癌が消滅しているのを確認し、...(continued)

処方例の全てを読む

ホジキン病(悪性リンパ腫)(クロアチア) 00660...USA

ホジキン病の対症療法を年間受けていた歳の女性。

NM6 Calming + NM59 Pain + NM63 Back up + NM110 Essiac + BR2 Blood Sugar + BR3

Depression + SM5 Peace & Love Alignment + SM13 Cancer + SM24 Glandular + SM40Throat…週間6TD その後TDS

週間も経たないうちに、患者さんは心の平安を感じ始めました。その後カ月間波動薬を継続して服用した結果、血液検査で陰性の結果が出て過去年間患っていた癌から解放されたのでした。

のコンボを用いる場合には次のレメディによって同じ効果が得られるでしょう。CC2.1 Cancers.

 

処方例の全てを読む

Leukaemia 11993...India

A 72-year-old male had been diagnosed with the last stages of blood cancer. He had been suffering from this for two years, was also diabetic and bedridden. Doctors predicted that he would not live for more than two weeks. He was given the following:
#1. CC2.1 Cancers - all + CC3.1 Heart tonic…TDS

#2. CC6.3 Diabetes + CC12.1 Adult tonic + CC15.1 Mental...(continued)

処方例の全てを読む

Uterine Cancer 11993...India

A woman aged 45 had been suffering from uterine cancer for 4 years. She had been undergoing allopathic treatment including a course of chemotherapy but had discontinued it because it was not bringing any relief. In fact she had become bedridden due to the side affects. The treatment started on 15 October 2012 when she was given the following:
CC2.1 Cancers +...(continued)

処方例の全てを読む

Brain Tumour 02128...Argentina

A 29-year-old woman came to the practitioner because she had a 9 mm sellar (relating to Sella turcica) tumour in the brain. The Sella turcica (literally Turkish Chair) is a saddle-shaped depression in the sphenoid bone of skull where the pituitary gland is located. Each year she must take a magnetic resonance (MRI) test for analysis of tumour growth, with...(continued)

処方例の全てを読む

Prostate Cancer 02799...UK

The practitioner started treating an 81-year-old man three months after he was diagnosed with prostate cancer. He refused to take allopathic medicines including chemotherapy but agreed to have check-ups at the hospital every 6 months. He was given:
CC2.1 Cancers + CC2.3 Tumours & Growths + CC14.1 Male tonic + CC14.2 Prostate…TDS  

After 8...(continued)

処方例の全てを読む

Cyst on Left Eyelid

A 28-year old woman came to be treated for a cyst on her left eyelid for which her doctor had suggested surgery in a week’s time. She was given:
CC2.3 Tumours & Growths  +  CC10.1 Emergencies  +  CC15.1 Mental & Emotional tonic...QDS

In a week the cyst had softened, so surgery was postponed for another week and the Vibrionics...(continued)

処方例の全てを読む

Benign Tumour

On 23 January 2013 a male patient, aged 62, sought treatment for a benign soft tumour (1 cm x 1 cm), located on his back below the right shoulder. He had this for 10 years.  His doctor had recommended an operation to remove it but cautioned that the tumour could recur. Since the tumour was painless, the patient avoided the operation. He was given...(continued)

処方例の全てを読む

舌癌 10831...India

歳の女性が舌癌を患い、化学療法やそれに関連した対症療法を受けていました。しかしながら、改善の様子が見られず、波動薬に救いを求め、以下のレメディが処方されました:

#1. CC2.1 Cancers - all + CC10.1 Emergencies + CC11.5 Mouth infections + CC12.1 Adult tonic...一日回

上記レメディをか月服用した後、症状は若干の改善を示しましたが、レメディは以下のように変更されました。

#2. CC2.1 Cancers - all + CC 2.2 Cancer pain + CC3.1 Heart tonic + CC10.1 Emergencies + CC11.5 Mouth infections + CC12.1 Adult...(continued)

処方例の全てを読む

白血病・骨髄移植手術からの回復 12051...India

年月日、白血病を患う歳の女の子がその治療を求めて実践者を訪ねました。年前に白血病と診断された彼女はバンガロールのある病院で化学療法の治療を受診しましたが、自宅に戻ってからか月後に当該症状が再発してしまい、しかも、その病院では更なる治療を受けることは叶いませんでした。そこで、彼女はバンガロールの(その食堂で彼女の父が勤務していた)別のガンセンターに移設され、父親の骨髄を用いた半適合骨髄移植手術を受けました。彼女が集中治療室で手術からの回復をしている間、以下のレメディが処方されました:

#1. CC2.1 Cancers – all + CC3.1 Heart tonic...一日回

日後、下痢が発症したため、服用回数は一日回に減らされました。便を含む他の検査は正常でしたが、彼女はとても衰弱し、...(continued)

処方例の全てを読む

転移性骨癌 01768...Greece

年月日、過去年間乳がんを患っていた歳の女性が実践者を訪れました。乳房切除手術と化学療法を受けた後、症状は年月まで安定していましたが、その後は全身に痛みを感じ始め、年月日に転移性骨癌と診断されました。週間後、以下のレメディの服用が開始されました:

CC2.1 Cancers – all + CC2.2 Cancer pain + CC2.3 Tumours & Growths + CC12.1 Adult tonic +

CC15.1 Mental & Emotional tonic + CC20.4 Muscles & Supportive tissue + NM113 Inflammation…一日回

年月に更なる検査を受けたところ、...(continued)

処方例の全てを読む

手の平の嚢腫 00014...India

歳の警備員の患者さんが直径約mmの円形の嚢腫を右の手の平に患っていました。その嚢腫は過去か月間で徐々に大きくなってきましたが、痛みはなく、ただ、手を握る際に支障がありました。治療には費用がかかるため、それまで医師には一度も見てもらっておらず、実践者からは以下のレメディが処方されました。

CC2.3 Tumours & Growths…一日回

彼はこのレメディを日間服用し、また、ゴマ油に転写したものを就寝時に一日回直接患部に塗りました。

日後に、嚢腫は%縮小し、引き続き治療が行われました。日後には、嚢腫は完全に無くなり、その後、か月間上記コンボは一日回の服用となりました。彼が受けた治療は波動薬だけでしたが、治療終了後か月経っても嚢腫の再発はありませんでした。

 

処方例の全てを読む

骨髄腫の完治

歳の男性が医師に骨髄ガンと診断されました。彼はまた、一年間完全に寝たきりの状
態で、肩の関節骨折も患っていました。医師によれば回復の見込みは全くない状況の中、
波動薬実践者のもとで次のレメディの服用が始められました。
CC2.1 癌+CC2.2癌の痛み+CC2.3腫瘍・病的増殖+CC12.1活性化(成人)+CC20.2骨格の痛み
+CC20.3関節炎+CC20.4筋肉・支持細胞+CC20.5背骨+CC20.6骨粗しょう症+CC20.7骨折

一週間経たないうちに、彼の容態は改善し始めました。一年間の寝たきりであったにもか
かわらず、日目にはベッドから起きて歩けるようになりました。数か月後、彼は職場
に復帰し、mBAND分析によっても癌の症状は認められませんでした。

処方例の全てを読む

肝臓癌患者の治療

歳の女性が肝臓癌およびその合併症(腹部に水が溜まる等)と診断され、そのため、
腹部からは常に水を抜かなければならない状態が続いていました。膝には浮腫みが、また
胆嚢の肥大も所見されました。彼女は糖尿病・高血圧、および便秘・不眠症にも悩まされ
ていました。医師からはカ月の余命と宣告されていましたが、波動薬実践者より次のレ
メディを受け取り、服用し始めました。
CC2.1 癌+CC2.2癌の痛み+CC2.3腫瘍・病的増殖+CC4.2肝臓・胆嚢活性+CC6.3糖尿病+CC12.1
活性+CC19.3喘息+CC19.4喘息(救急) +CC20.3 関節炎+CC20.6骨粗そう症
上記レメディ服用後、一週間で逆症療法(医師から)の薬をほとんど手放すことができ
、カ月後、彼女の健康は改善し、胸膜滲出がおさまり、...(continued)

処方例の全てを読む

Anti-Chemotherapy and Cancer 02494...Italy

For those practitioners who possess the Sai Ram Potentiser (SRHVP), we received some important information from the above practitioners. They found that it is possible to get faster and improved results in the following two cases:

Anti-chemo cases:
In order to remove side-effects of chemotherapy, use SR559 Anti Chemotherapy at two potencies as follows:
SR559...(continued)

処方例の全てを読む

ホジキン病(悪性リンパ腫)(米国) 00660...USA

ホジキン病として診断された歳の女性が以下のレメディを処方されました。

NM6 Calming+ NM30 Throat + NM59 Pain + NM63 Back-up +NM110 Essiac + SM13 Cancer +SM 24 Glandular + SM40 Throat…6TD一日回を2週間、その後TDS

か月後の医師による血液検査の結果は「平常」で、この病気の症状はなくなっていました。その後もしばらくの間レメディを摂り続けましたが、現在に至るまで年間病気と無縁となっています。

注)本処方例では、バイブロポテンタイザー(マシーン)が用いられ、上記の処方が行われましたが、のコンボを用いた場合にはCC2.1All Cancer+CC19.7 Throat...(continued)

処方例の全てを読む

Angioma in an Infant 02640...India

A baby boy, aged four months, was brought for treatment of a large angioma which no allopathic doctor would treat since the child was very young. As he was very weak, the doctors could not do surgery until after the baby was one year old. The child had a fever, a cold and a cough and was very weak when he was brought to the practitioner who is also an...(continued)

処方例の全てを読む

胃の腫瘍 11973...India

年月に、歳の女性が胃の左側に良性腫瘍があると診断され、日間にわたって対症療法の薬が処方されました。その薬の効果は見られず、彼女は地域の病院の外科医を紹介されました。その医師は再検査を行った結果、手術が必要であることを告げ、手術は年月日に予定されました。患者さんは(全員がババの帰依者の)人家族の中で唯一の収入の担い手でした。また、彼らの家は、地域のバジャンセンターとしても使われ、実践者も定期的にバジャンを歌ったり、ヴェーダを詠唱したり、サイ文献の勉強会に参加していました。このようにして、実践者は月初めに患者さんの病状を知ることになったのです。実践者は患者さんの娘にサイ波動薬の処方が可能であることを伝えました。ところが娘さんは、手術の日程が決められているためその申し出を断らざるを得ず、手術後に波動薬を服用する、...(continued)

処方例の全てを読む

胆嚢・肝臓癌, 浮腫, めまい, 膝の痛み 10728...India

年月初め、第段階の肝臓癌を患う女性が息子に病院に連れられてきました。そこでは数か所での肝転移とともに胆嚢腺癌との診断がありました。彼女は重症で、食欲も気力もなく、胆石からのひどい痛みもありました。彼女を診断した医師は癌の進行がかなり進んでいるので、ほとんど手を施せない状況であると告げました。医師はさらに、彼女はその晩ですらも死に直面している厳しい状況で、彼女の息子に自宅に連れて行ってもらうように言いました。たとえ、数日生き延びたとしても、化学療法が必要となる、との話でした。たまたまその病院には、この実践者の患者さんでもある人が偶然にも入院していて、波動薬からたくさんの恩恵を受けた、という話を彼女は聞いていました。彼女の息子はその人から実践者の連絡先を貰っていたので、すぐに実践者に連絡を取り、夜を待つことなく、...(continued)

処方例の全てを読む

悪性腎臓腫瘍 10728...India

年、歳男性が、血尿と排尿の際の痛みの治療を求め病院を訪れました。検査の結果、腎臓に悪性腫瘍があることがわかりました。その腫瘍を切除する手術が行われましたが、術後数年の間に、腫瘍は再発を繰り返しました。年波動薬の治療を受けるまで、手術は回行われ、か月おきに化学療法の注射を受けていました。年月に注射を受けに病院を訪れた時、別の患者さんが実践者に連絡をとってみたらどうかと勧めました。そこで、彼は年月日に実践者を訪れたのですが、彼は痩せ衰えやつれて、背中の痛み、不眠症、胃酸過多を患っていました。

実践者は直接患者さんの舌下に波動薬を処方しました。

#1. CC10.1 Emergencies, mlの水で

次に、以下のレメディが準備されました。

#2. CC2.1 Cancers - all + CC2.3...(continued)

処方例の全てを読む

サルコイドーシス 02895...UK

実践者手記: 私の最初の患者さんは歳男性で、年前にサルコイドーシスと診断されました。サルコイドーシスは複数の器官に影響を及ぼす炎症性の病気で、炎症を起こした細胞の小さな塊のその多くが、肺や、リンパ腺、目や皮膚で増殖するものです。対症療法の薬では治癒できるものは知られていません。

患者さんは肺のサルコイドーシスにより、息切れと継続的炎症を患っていました。彼はいつも疲れていて、エネルギー不足でした。上背の部分にいつも寒気を感じていて、暖かな着物で身体を覆っていなければなりませんでした。肺の炎症がある時はいつでも薬を服用しましたが、それが唯一の治療でした。

年月日、私は以下のレメディを処方しました。

CC2.3 Tumours & Growths + + CC3.1 Heart tonic...(continued)

処方例の全てを読む

胸部における皮膚感染(膿瘍)(米国) 01339...USA

歳の女性が、年間左胸上部に、ニキビを患っていました。医療処置は受けず、自ら定期的にそのニキビを押しつぶし、膿を出していました。ある日、その患部は悪化し、触ると痛いほどでした。睡眠中は、クッションとして胸の下に枕を当てる必要がありました。彼女は波動薬実践者に連絡を取り、その患部が癌ではないか心配だと告げました。実践者は、患部を清潔に保ち乾燥させるよう助言し、以下のレメディを処方しました。

CC2.1 Cancers(癌) + CC8.3 Breast abscess (胸部膿瘍)+CC21.11 Infections(感染)一日回、一回錠

,日経つと、痛みの広がりは止み、膿瘍も局所的なものに留まるようになりました。週間後には感染患部の赤みも痛みも見られず、膿も無くなりました。...(continued)

処方例の全てを読む

肺血栓塞栓症の事例

.肺血栓塞栓症の事例
歳の女性が、血栓により肺動脈の血液の流れが滞る症状に見舞われました。そのため
、呼吸が停止し、身体的活動が何もできない状況でした。救急治療のため病院に運ばれ、
医師の診断により手術が必要でしたが、その家族には手術代を支払う金銭的余裕がありま
せんでした。絶望的な状況の中で、波動薬の実践者に連絡をとったところ、すぐに以下の
レメディが処方されました。
CC2.3腫瘍・病的増殖+ CC3.1心臓活性化 + CC19.3 喘息 +CC19.4 喘息(救急)
一か月以内にこの女性は完全に良くなりました。担当医はX線血管造影写真を見て、静脈
・動脈ともにきれいな状態であることに驚きを隠しきれませんでした。血栓は跡形もなく
消えていたのです。

処方例の全てを読む

Breast cancer metastasized 10014...India

乳がんの末期にある歳の女性が、年月にサイの帰依者によって実践者に紹介されました。

癌は右胸から胸全体の結節そして腹壁へと広がっていました。すい臓には大きな塊があり、胆嚢や他の消化器官はもとより身体全体の骨や軟組織の至るところの広範囲にわたって転移が見られました。彼女は消化不良、痛み、虚弱を訴えほとんど寝たきりの状態でした。

月日に以下のレメディが処方されました:

#1.  CC2.1 Cancers – all + CC4.1. Digestion tonic + CC4.2 Liver & Gallbladder tonic + CC12.1 Adult tonic + SM1 Divine Protection…一日回を日間、その後一日回を日間

彼女はまた、...(continued)

処方例の全てを読む

認知症、どもり、乳がん 02864...USA

47歳女性が乳がんとして診断され処方された薬の副作用で生じた症状の治療を求めて実践者に連絡をとりました。年月に両乳房切除手術を終え、月に化学療法を、続いて年月に放射線治療を終了しました。その後、痴呆症、どもりなどが発症したため、神経科医師の診断を受けた結果、医師は神経システムが癌とその治療によって影響を受けていることを確認しました。初診の際、医師は彼女が極度の病的な興奮状態であったことに気づきました。彼女は鬱の状態でした。痴呆症と罪悪感(彼女の息子の家庭生活が崩壊したのは彼女の病気のせいだと信じていました)によって彼女は自信を失っており、癌もまだ完全には癒えていませんでした。ホルモンによる治療を受け、癌の薬を処方されました。

年月日に波動薬の治療が始まりました:

#1. NM5 Brain TS + NM6...(continued)

処方例の全てを読む

卵巣癌 02799...UK

歳の女性から、第ステージのA2 (広い範囲に認める病変、癌が筋層を越えてさらに深く浸潤しているが他臓器に浸潤していない段階)の卵巣の明細胞癌が年月日に検出されました。患者さんには心臓疾患の病歴があり、年月に心臓発作の後、重度の肺水腫で入院していました。その際、ほとんどの動脈に深刻な閉塞が見られ、約%の心臓機能しか見られず、手の施しようもなく彼女は家に帰されたのです。その後、彼女は波動薬と出会い、驚くべき回復を遂げました(詳細に関しては、第回波動薬国際会議の冊子、p-、「#心臓発作」を参照)

患者さんは、慢性病としてタイプの糖尿病と膵炎をも患っており、前者はインシュリンの投与と経口の対症療法の薬によって血糖値は制御され、後者も、対症療法の薬で抑えられていました。

年月以来、腹部膨満、咳、吐き気にも悩まされていました...(continued)

処方例の全てを読む

乳房の石灰化(良性) 11573...India

実践者の近い親戚である歳女性が、最近の乳房X線撮影によって、左の乳房の第類型の良性の石灰化があることが判明しました。彼女は右乳房の癌の手術を年前に受けており、それ以来、定期検診を欠かしていませんでした。彼女は他の治療を止め、波動薬による治療を決意し、年月日に実践者を訪れ、以下の処方を受けました:

CC2.1 Cancers + CC2.2 Cancer pain + CC2.3 Tumours & Growths + CC8.3 Breast disorders + CC12.1 Adult tonic + CC15.1 Mental & Emotional tonic…一日回

か月後、彼女の歓びの中、新たな検査によってカルシウムの沈着は無くなっていることがわかり、...(continued)

処方例の全てを読む

鼻の上の腫瘍、慢性消化不良 03524...USA

83歳の男性が鼻の頭にある大きな腫瘍の治療のために実践者を訪れました。それは良性の腫瘍でしたが、約5年もの間、増大を続け、その腫瘍の上にさらなる瘤が重なっていたのでした。医師は、様々な対症療法の薬で治療を行いましたが、どれも効果はありませんでした。実際、テトラサイクリン系抗生物質であるミノサイクリンはいくつかの副作用を生じさせながら、腫瘍を悪化させたのでした。鼻を触るといつも、ひどい痒みがあり、腫瘍は油っぽい感触でした。

患者さんはまた、20年間にわたる慢性の消化不良の症状をも訴えていました。その他にもいくつかの症状を患っていましたが、まず第1に求められたのは、腫瘍と消化不良でした。

2015年7月3日、以下の処方が行われました:

腫瘍と消化不良に対して:

#1. CC2.3 Tumours &...(continued)

処方例の全てを読む

Diabetes, Lump under the Ear 10399...India

A 41-year-old man suffering from diabetes for three years came to the practitioner in June 2010. He was taking allopathic medicine but wished to take Vibrionics also. He was given: 

For diabetes:
#1. CC3.1 Heart tonic + CC6.3 Diabetes + CC7.1 Eye tonic + CC12.1 Adult Tonic + CC13.1 Kidney & Bladder tonic…TDS

He visited the practitioner...(continued)

処方例の全てを読む

脳腫瘍(正確には膠芽腫:脳腫瘍の一種。神経膠腫(グリオーマ)の中でも最も悪性度が高いとされるもので本件は第4段階まで症状が進んでいた) 02749...New Zealand

脳腫瘍を患うこの男性患者さんは、専門医の診断では手術を施したとしても余命カ月という状況の中、藁をもすがる気持ちで波動薬の助けを求めました。波動薬の処方は、

CC2.1癌全般  CC2.3 腫瘍 CC12.1免疫活性(成人)  CC18.1脳・記憶活性・・・一日回

感染を防ぐためにCC9.2 を一日回、感染が生じた際には一日回、というものでしたが、

これと並行して厳格な菜食を行う旨のアドバイスもありました・・・新鮮な野菜・果物・ジュース・シバムギ・大麦・ビタミン・ミネラル・コテージチーズとフラックスオイル等です。

波動薬を服用している間、患者さんは放射線治療も受けていましたが、体重が大幅に減少した以外には副作用はありませんでした。これに対してはCC4.1消化(一日回)が処方され、...(continued)

処方例の全てを読む

白血病 10728...India

歳医学生が胃酸過多・不眠・激しい虚弱・体重減少を患っていましたが、原因は不明でした。病院での血液検査によって、彼女は第ステージの白血病であることが判明しました。ヘモグロビンと血小板の数値は大変低く、医師は暗澹とした診断を下し、生存への望みは期待されませんでした。急遽呼び戻されたロンドンで勉強中の彼女の兄ですら、妹の死期が近いと思っていました。彼女は入院先のベッドから出ることもできず、彼女の父親は波動薬実践者に連絡を取ることを決心しました。年月日、以下の処方が行われました:

白血病:
#1. CC2.1 Cancers - all +  CC2.2 Cancer pain + CC2.3 Tumours & Growths + CC3.1 Heart tonic + CC3.2...(continued)

処方例の全てを読む

White Spots 10940...India

歳のビジネスマンが、首と大腿部にできた白斑の治療のため波動薬を求めてこられました。その症状はか月続いており、以下のレメディが年月日に始められました。

#1. SR252 Tuberculinum 200C…週間に日, 4

#2. CC15.1 Mental & Emotional tonic + CC21.2 Skin infections…一日回

か月後の月日、%の改善が見られ、上記番のレメディの服用は継続され、上記番のレメディは下記の処方へと変更されました:

#3 SR250 Psorinum 200C…週間に日, 2

か月半後の年月日、改善の程度は%になり、上記番のレメディの服用は継続されながら、上記番のレメディは下記に変更されました。

#4....(continued)

処方例の全てを読む

乳癌 11993...India

乳癌を患っていた歳女性が実践者に連絡をとりましたが、その時には既に、様々な治療を受けながらベッドで寝たきりの状態でした。彼女は最初、年月に癌と診断され、片方の乳房切除と共に放射線・化学療法を受けました。当初、これらの治療は効果的に見えましたが、癌は再発し移転も見られました。その後、回に亘る化学療法を受け、彼女はその衝撃に耐えられることなく、寝たきりの状態となったのでした。年月日、以下のコンボによる治療が始まりました:

CC2.1 Cancers – all + CC2.2 Cancer pain + CC12.1 Adult tonic + CC15.1 Mental & Emotional tonic…日回

か月後の月日、%の改善が見られました。患者さんは一人で歩け、...(continued)

処方例の全てを読む

Acute myeloid leukaemia 00512...Slovenia

The practitioner treated a 48-year-old man who had been diagnosed with acute myeloid leukaemia in December 2015. He had a two-year history of enlargement of lymph nodes in the neck. In 2013, lymph gland in the right side of his neck was swollen. In early 2015, the swelling recurred in the same lymph gland and it was larger than what he had earlier as...(continued)

処方例の全てを読む

Throat cancer 02090...India

In June 2014, the son of a 90-year-old man approached the practitioner concerning his father’s health. On the basis of an MRI scan, the diagnosis was ‘advanced stage of throat cancer’. The patient found it extremely difficult to eat and drink. The diagnosis was first made by an ENT surgeon and the patient was referred to a renowned cancer...(continued)

処方例の全てを読む

Osteonecrosis of ribs 10602...India

A 67 year-old-lady approached the practitioner on 7 September 2016 with complaints of very painful boils with pus in and around the scar from an earlier operation. A leading surgeon concluded that the boils were due to osteonecrosis which usually results from radiotherapy. Eighteen years ago, she had undergone radiotherapy for breast cancer and later major...(continued)

処方例の全てを読む

Ovarian cysts, painful menstruation 11568...India

A 30-year-old woman, experiencing painful menstruation for the past one year, contacted the practitioner on 3 March 2017. Her symptoms included heavy bleeding, prolonged (lasting for about 15 days) and painful menstruation, burning sensation, swelling and weakness in both legs. She had previously taken allopathic medications for six months but these had...(continued)

処方例の全てを読む

Cancer pain 03533...UK

The practitioner visited her 82-year-old terminally ill aunt on 9 November 2015. The aunt had been diagnosed with breast cancer two years ago; however, her family did not want any medical intervention due to her age and frailty. Around mid-October, due to excessive pain, the patient was admitted to the hospital where she was given...(continued)

処方例の全てを読む

Prostate cancer, phobia 02799...UK

A 54-year-old male came to the practitioner on 23 March 2017 with a diagnosis of prostate cancer. He had been experiencing nocturia for the past three months. On 16 February 2017 his PSA (Prostate-specific antigen) count was 37 ng/mL. He also had a history of phobia of darkness since he was 25 years old and he could not even go out at night. His anxiety was...(continued)

処方例の全てを読む

Cyst on eyelid 10001...India

A 15-year-old girl was having a 4-5 mm cyst on her left upper eyelid for the past 4 months. She had been on allopathic medication including eye drops with no success.

On 20 April 2018 the following remedy was given:

CC2.3 Tumours & Growths + CC7.3 Eye infections + CC10.1 Emergencies + CC15.1 Mental & Emotional tonic + CC17.3 Brain &...(continued)

処方例の全てを読む

Cancer 11585...India

A 91-year-old bed-ridden woman had a large tumour on her right kidney and this was diagnosed 6 months ago (Nov 2016) as cancerous. She had severe pain in the right lower abdomen and pelvic region for the past 2 months. One week prior to meeting the vibrionics practitioner, the doctors had declared that she would survive only for a week or so. She stopped...(continued)

処方例の全てを読む

Polyps in uterus 11585...India

A 37-year-old woman had bleeding during urination for the past 3 months. Medical tests revealed a 7cm long cervical polyp in her uterus. She was told that recurrence cannot be ruled out even after it is removed by surgery. After trying allopathic and homoeopathic treatments for 3 months without any success, her husband consulted the...(continued)

処方例の全てを読む

Tumour on neck 11585...India

A 66-year-old male had a tumour on his neck for the past 4 years. He had no pain and did not take any medicine. On 19 July 2018 he contacted the practitioner after witnessing the tumour of a young female vanish within a month of taking vibrionics.

He was given the following remedy: 
#1. CC2.3 Tumours & Growths + CC3.7 ...(continued)

処方例の全てを読む

Mouth Cancer 11975...India

A 40-year-old male diagnosed with mouth cancer (stage 3) in February 2013, underwent chemotherapy followed by surgery on 24 April 2013. As his cancer had advanced to its final stage, he was told he may not survive beyond 6 months. Not willing to yield to the disease, as he had three children to take care of with his meagre economic resources, he visited the...(continued)

処方例の全てを読む