サイ波動薬通信

" 病める人、打ちしおれた人、落胆した人、疾患に苦しむ人がいれば、まさにそこにあなたの奉仕の場があります " Sri Sathya Sai Baba
Hands Reaching Out

関連する処方例
免疫系

記憶減退, 虚弱, 膝の痛み 02859...India

歳女性が慢性の疲労・記憶減退及び膝の痛みを訴え、以下のコンボが処方されました。

CC12.1 Adult tonic(成人トニック)…TDS(一日回)

カ月経って彼女は一日を通して疲労感なく働くことができるようになり、膝の痛みも消え、記憶力は奇跡的に向上したとの報告がありました。服用回数はその後の日間は一日回とし、現在は一日一回となっています。

処方例の全てを読む

慢性疲労と痛み 02779...Japan

歳の女性が身体の痛みと慢性疲労を年以上も患っていました。波動薬に出会う前は、対症療法を含む様々な種類の治療法を試していましたが、効果はなく、以下のレメディが処方されました。

CC12.1 Adult tonic + CC 12.4 Chronic fatigue + CC15.1 Mental & Emotional tonic…一日回

日間のレメディの服用の後、強い好転反応があり、身体や顔に広範囲にわたって湿疹が見られ、ひどい頭痛、のどや背骨、背中、胸、腰にもひどい痛みが出て、それらは日半続きました。彼女は瞑想によって痛みを和らげようとしましたが、痛みはひどく、気持ちは落ち着きませんでした。実践者はたくさん水を飲むように伝え、好転反応が収まるまで一端レメディの服用は中止するよう伝えました。...(continued)

処方例の全てを読む

Jaundice and Infection in a Premature Baby 02870...USA

A father had requested help for his premature female infant, still in an incubator. She had become poorly with jaundice, a fever, cough and cold. Doctors in the hospital had given the baby a variety of antibiotic medicines and as she had not improved, he was told that nothing more could be done. The practitioner broadcast the following combo via a Sai...(continued)

処方例の全てを読む

サルコイドーシス 02895...UK

実践者手記: 私の最初の患者さんは歳男性で、年前にサルコイドーシスと診断されました。サルコイドーシスは複数の器官に影響を及ぼす炎症性の病気で、炎症を起こした細胞の小さな塊のその多くが、肺や、リンパ腺、目や皮膚で増殖するものです。対症療法の薬では治癒できるものは知られていません。

患者さんは肺のサルコイドーシスにより、息切れと継続的炎症を患っていました。彼はいつも疲れていて、エネルギー不足でした。上背の部分にいつも寒気を感じていて、暖かな着物で身体を覆っていなければなりませんでした。肺の炎症がある時はいつでも薬を服用しましたが、それが唯一の治療でした。

年月日、私は以下のレメディを処方しました。

CC2.3 Tumours & Growths + + CC3.1 Heart tonic...(continued)

処方例の全てを読む

慢性の鼻血、ふけ 02799...UK

健康で活発、スポーツ好きの歳の少年はサッカーをしたいと熱望していましたが、慢性の鼻血のためにそれはかなっていませんでした。走り始めるとすぐに、鼻血が出てしまうのです。歳の頃から、週間に回夜間に、また、身体を動かしている時はいつでもこの症状に悩まされてきました。家族はできることはしたのですが、少年はとても悲しく思い、サッカーのできない自分に対して怒りを感じるのでした。少年の担当医からは、身体が成長すれば治る、と言って何の処置もありませんでした。少年はまた、ふけにも悩まされていました。

年月日、以下のレメディが処方されました:

鼻血:

#1. NM45 Atomic Radiation + SM2 Divine Protection + SM5 Peace & Love Alignment + SM6...(continued)

処方例の全てを読む

白斑 02799...UK

歳の少女が顔、手、身体に年間白斑を患っていました。両親の話によると、少女の担当医はステロイドクリームを処方しましたが効果はなく、年月日に波動薬の治療が以下の処方で始まりました。

CC12.2 Child tonic + CC15.1 Mental & Emotional tonic + CC17.3 Brain & Memory tonic + CC21.1 Skin tonic + CC21.2 Skin infections…一日回

か月間の服用の後、症状の%の改善の報告が両親からありました。か月後には%の改善、年月日時点、か月後にあっては%の改善が伝えられました。少女の肌の色は元の状態に戻り、口の周りに若干の白斑が見られるのみとなりました。両親はこの結果に大変満足し、少女は年...(continued)

処方例の全てを読む

幼児期からの盲目(インド) 02640...India

ある眼科医師によって幼児期から視力を失っている中年の女性に(医師でもある)波動薬実践者が紹介されました。確認の検査によってこの患者さんはものをはっきりと見ることができないということが診断され、以下のレメディが処方されました。

CC7.1 Eye Tonic+CC12.1 Adult Tonic ….QDS(一日回)

週間の服用で人の顔やテレビの画面がはっきりと見えるようになり、か月後には新聞も読めるようになりました。

処方例の全てを読む

群発頭痛, 鬱 、活動過多 02894...UK

年月日、歳男性が急性の頭痛、涙目、首のこりの症状を訴え実践者を訪ねました。

首は左に動かすことができない状態でした。また彼は過去年間、群発頭痛を患い、毎年週間から週間、一日回から回(時間ほど続く)激しい頭痛を患っていました。秋になると症状はさらに悪化しました。彼はこれまで、年間対症療法の薬を服用してきましたが、その他にもホメオパシー、アユールヴェーダ、鍼、指圧、漢方、カッピング(吸角法)などたくさんの治療法を試してみました。現在、激しい痛みの緩和のために、アニリド系解熱鎮痛薬(パラセタモル)片頭痛薬、イブプロフェン、スマトリプタン注射を用いています。彼が真夜中にその発作(脳に鉄の棒を挿し込まれるような痛み)で起きると、奥さんがその注射をするのです。その注射によって、痛みは落ち着き、睡眠がとれるようになりました。...(continued)

処方例の全てを読む

足の筋肉痛、ストレス、エネルギーの低下(インド) 02804...India

歳女性が年間患っていた足部筋肉痛の治療を波動薬に求めてました。彼女はまた、ストレスに満ちた職場環境やエネルギーの低下といった問題も抱えていました。それまでは足の筋肉痛には痛み止めが、ストレスやエネルギー低下に対して、対症療法の治療が行われましたが、改善は見られませんでした。処方されたレメディは以下の通りです。

CC12.1 Adult Tonic (心身の活性:成人)+ CC15.1 Mental &Emotional Tonic (精神・感情の活性)CC20.4 Muscles & Supportive Tissues(筋肉・支持細胞)…..TDS(一日回)

週間後、%の改善が見られ、この女性は波動薬に感銘を受けたことを実践者に告げました。

 

処方例の全てを読む

Diabetes 02640...India

A medical doctor, aged 67 years, working for an ESIS hospital, was advised to undergo cataract surgery. But his blood sugar levels were not within the acceptable limits in spite of the fact he was on insulin for a long time. Since the operation was urgently required, he came for help and was put on the following vibro combination:

CC6.3 Diabetes…BD

...(continued)

処方例の全てを読む

穿孔(孔の開いた)盲腸(インド) 02733...India

歳の男の子が右わき腹に絶え間ない痛みを訴えていました。また過去カ月にわたってガスが当該部位に溜まっていました。超音波による診断で、激しい炎症を伴った盲腸には穿孔があり、盲腸下部右側には腫れが見つかりました。外科医はすぐに手術を勧めましたが、貧困のためにそれは叶わず、波動薬を求めるに至り、以下の処方が与えられました。

CC4.3盲腸 +CC21.11 膿瘍 +CC3.1心臓活性 6TD

週間後に、腹部の腫れはひき、痛みも%改善されました。しかしまだガスは時折溜まることがあり、処方は以下のように変えられました。

CC4.3盲腸 +CC21.11 膿瘍 +CC4.10消化

その約カ月後、痛みは割治まったものの、ガスの問題は引き続き見られました。体全体に活力を与えるためCC12.2 免疫活性(子ども)...(continued)

処方例の全てを読む

肝臓癌患者の治療

歳の女性が肝臓癌およびその合併症(腹部に水が溜まる等)と診断され、そのため、
腹部からは常に水を抜かなければならない状態が続いていました。膝には浮腫みが、また
胆嚢の肥大も所見されました。彼女は糖尿病・高血圧、および便秘・不眠症にも悩まされ
ていました。医師からはカ月の余命と宣告されていましたが、波動薬実践者より次のレ
メディを受け取り、服用し始めました。
CC2.1 癌+CC2.2癌の痛み+CC2.3腫瘍・病的増殖+CC4.2肝臓・胆嚢活性+CC6.3糖尿病+CC12.1
活性+CC19.3喘息+CC19.4喘息(救急) +CC20.3 関節炎+CC20.6骨粗そう症
上記レメディ服用後、一週間で逆症療法(医師から)の薬をほとんど手放すことができ
、カ月後、彼女の健康は改善し、胸膜滲出がおさまり、...(continued)

処方例の全てを読む

骨髄腫の完治

歳の男性が医師に骨髄ガンと診断されました。彼はまた、一年間完全に寝たきりの状
態で、肩の関節骨折も患っていました。医師によれば回復の見込みは全くない状況の中、
波動薬実践者のもとで次のレメディの服用が始められました。
CC2.1 癌+CC2.2癌の痛み+CC2.3腫瘍・病的増殖+CC12.1活性化(成人)+CC20.2骨格の痛み
+CC20.3関節炎+CC20.4筋肉・支持細胞+CC20.5背骨+CC20.6骨粗しょう症+CC20.7骨折

一週間経たないうちに、彼の容態は改善し始めました。一年間の寝たきりであったにもか
かわらず、日目にはベッドから起きて歩けるようになりました。数か月後、彼は職場
に復帰し、mBAND分析によっても癌の症状は認められませんでした。

処方例の全てを読む

尿路感染症と糖尿病 11520...India

糖尿病の治療を受けていた歳の男性が年月日、膀胱炎の治療を求めてきました。尿内の膿細胞の濃度が-hpf(high power field: 高倍率(400倍/強拡大)での視野)で、38.9° Cの高熱がありました。その前の週には、頻尿、排尿の際の焼け付くような痛み、失禁が見られました。また病歴として、年間の慢性便秘と年間にわたる慢性糖尿病がありました。

まず、急性の症状に対して、以下のレメディが処方されました:

#1. NM21 KBS + NM36 War + SM27 Infection + SR456 Bladder (Urinary) + SR536 Urethra + CC10.1 Emergencies…一日回

月日、コンボの服用から日目には、症状の%の改善が見られ、...(continued)

処方例の全てを読む

踵骨棘(かかと骨の異常突起)&末梢動脈疾患 12051...India

歳男性が数種の症状、)数年間続いている背中と踵の痛み、)両足の踵骨棘(かかと骨の異常突起)、)末梢動脈疾患(足部の血管が詰まる症状)の治療を求めていました。この症状のため、足への血流が阻害され、そのためひどい痛みが伴い、歩くこともできませんでした。対症療法の他に彼は、ホメオパシー、指圧、その他の治療法を試しましたが、効果はありませんでした。年月に以下のレメディが処方されました。

CC3.7 Circulation + CC12.1 Adult tonic + CC15.1 Mental & Emotional tonic + CC18.1 Brain disabilities + CC20.1 SMJ tonic + CC20.4 Muscles and Supportive tissue…...(continued)

処方例の全てを読む

慢性扁桃炎 10741...India

歳の男性は、扁桃炎が悪化して以来年間慢性化した症状を患っていました。その間、彼の担当医は手術を勧めていました。症状は頻繁な高熱(それに対しては強力な抗生物質を摂取していました)やアレルギーの咳を伴いました。年月日に、患者さんは以下のコンボを日間服用しました。

#1. CC9.2 Infections acute + CC14.1 Male tonic + CC19.2 Respiratory allergies + CC19.7 Throat chronic…一日回

服用後、%の改善が見られましたが、虚弱と神経性衰弱の症状が新たに報告され、コンボは以下に変更されました。

#2. CC9.2 Infections acute + CC12.1 Adult tonic + CC14.1 Male...(continued)

処方例の全てを読む

転移性骨癌 01768...Greece

年月日、過去年間乳がんを患っていた歳の女性が実践者を訪れました。乳房切除手術と化学療法を受けた後、症状は年月まで安定していましたが、その後は全身に痛みを感じ始め、年月日に転移性骨癌と診断されました。週間後、以下のレメディの服用が開始されました:

CC2.1 Cancers – all + CC2.2 Cancer pain + CC2.3 Tumours & Growths + CC12.1 Adult tonic +

CC15.1 Mental & Emotional tonic + CC20.4 Muscles & Supportive tissue + NM113 Inflammation…一日回

年月に更なる検査を受けたところ、...(continued)

処方例の全てを読む

白血病・骨髄移植手術からの回復 12051...India

年月日、白血病を患う歳の女の子がその治療を求めて実践者を訪ねました。年前に白血病と診断された彼女はバンガロールのある病院で化学療法の治療を受診しましたが、自宅に戻ってからか月後に当該症状が再発してしまい、しかも、その病院では更なる治療を受けることは叶いませんでした。そこで、彼女はバンガロールの(その食堂で彼女の父が勤務していた)別のガンセンターに移設され、父親の骨髄を用いた半適合骨髄移植手術を受けました。彼女が集中治療室で手術からの回復をしている間、以下のレメディが処方されました:

#1. CC2.1 Cancers – all + CC3.1 Heart tonic...一日回

日後、下痢が発症したため、服用回数は一日回に減らされました。便を含む他の検査は正常でしたが、彼女はとても衰弱し、...(continued)

処方例の全てを読む

乾癬 02128...Argentina

年月日、歳男性が、定期的に行われる大学の試験のストレスを抱え乾癬を発症し、その治療を求めていました。胸・脇腹・背中・肩・上腕(月日の写真)の広範囲にわたり乾癬が広がっていました。以前、彼は対症療法治療やアロエを用いた治療を試しましたが効果はなく、外部塗薬として以下のレメディが処方されました:

CC12.1 Adult tonic + CC15.1 Mental & Emotional tonic + CC21.10 Psoriasis + SR293 Gunpowder…一日回, ヴィブーティ入りのアーモンドオイルを資材として

週間後、炎症は完全に治まり、まだら模様となっていた症状が退いていきました(月日の写真)週間後(月日の写真)には、皮膚は通常の状態に戻り、症状は完治しました。

...(continued)

処方例の全てを読む

腎臓の損傷 01339...USA

年月、歳の男性が、長年患っていた前立腺肥大の結果、腎不全に繋がるような腎臓の損傷を抱えて実践者を訪れました。彼の腎臓専門医は腎臓透析とならないよう厳しい食事制限を課していました。患者さんは波動薬に関して何も知らず懐疑的ではありましたが、実践者の知人ということもあって、信頼を寄せ、試してみることに同意し、以下のレメディが処方されました。

CC10.1 Emergencies + CC12.1 Adult tonic + CC13.1 Kidney & Bladder tonic + CC13.2 Kidney & Bladder infections + CC13.4 Kidney failure +CC14.2 Prostate…一日回

年月の本人からの報告ではレメディの服用回数が...(continued)

処方例の全てを読む

舌癌 10831...India

歳の女性が舌癌を患い、化学療法やそれに関連した対症療法を受けていました。しかしながら、改善の様子が見られず、波動薬に救いを求め、以下のレメディが処方されました:

#1. CC2.1 Cancers - all + CC10.1 Emergencies + CC11.5 Mouth infections + CC12.1 Adult tonic...一日回

上記レメディをか月服用した後、症状は若干の改善を示しましたが、レメディは以下のように変更されました。

#2. CC2.1 Cancers - all + CC 2.2 Cancer pain + CC3.1 Heart tonic + CC10.1 Emergencies + CC11.5 Mouth infections + CC12.1 Adult...(continued)

処方例の全てを読む

癲癇(てんかん) 01626...Greece

歳の女性が癲癇の治療を求めてやってきました。歳の時に両親が離婚し、そのショックから症状が現れ始めました。処方されたレメディは以下の通りです:

CC12.1 Adult tonic + CC15.1 Emotional & Mental tonic + CC18.3 Epilepsy…一日回

波動薬の服用を開始して約半年後には癲癇の発作に襲われることはなくなりました。彼女の気分も肯定的になり、気力も増し、将来についての計画も立てられるようになりました。現在も服用は継続中ですが、年月現在、彼女は波動薬をずっと摂り続けていくつもりでいます。

処方例の全てを読む

Benign Tumour

On 23 January 2013 a male patient, aged 62, sought treatment for a benign soft tumour (1 cm x 1 cm), located on his back below the right shoulder. He had this for 10 years.  His doctor had recommended an operation to remove it but cautioned that the tumour could recur. Since the tumour was painless, the patient avoided the operation. He was given...(continued)

処方例の全てを読む

Difficult Pregnancy

A 33-year old woman came to see the practitioner in October 2012 because she had been trying to have a child for 7 to 8 years without success despite allopathic fertility treatment.  She was also taking allopathic drugs for hypothyroidism (Thyronam 25 mg OD, since 2008) and for diabetes (Centapin XR tablet OD, since 2005).

She was given:
#1. CC6.2...(continued)

処方例の全てを読む

Boils on the Buttocks

A 50-year old man was suffering intense pain from boils on his buttocks. The boils would appear one after another, swell with pus and then burst, but always new lesions appeared. Twice some had to be surgically removed. Initially the patient was given:
#1.  CC12.1 Adult tonic + CC21.2 Skin infections...TDS

In a month there was 20% improvement. The...(continued)

処方例の全てを読む

Burns on the Hands

A 53-year-old male patient came to the practitioner in December 2013 with second-degree burns on both hands, caused by a molten plastic stick. He was in much pain. The palms were blistered and red. He could not move his palms and fingers due to the swelling, so he could not do his daily work or even change his clothes. The patient was too poor to afford...(continued)

処方例の全てを読む

Diabetes, High BP & Depression

In May 2008, a female patient, 52, who was a distant relative of the practitioner, sought treatment for diabetes and high blood pressure. She had been diagnosed with diabetes 10 years earlier and was now insulin dependent; she took 15 units of insulin before lunch and 10 units before dinner daily. With this, her random blood glucose was 150. In addition, she...(continued)

処方例の全てを読む

Outer Ear Infection and Water Retention in Leg 02711...Malaysia

A lady, 64 years old, suffered from having fluid coming out of the ears for more than three months. The fluid had a foul smell. Also for 10 days her legs had been red and swollen. The GP had already prescribed antibiotics for the ear infection as well as tablets for her water retention condition. She was given the following remedy on 13 June 2011:
#1....(continued)

処方例の全てを読む

Bedwetting 02765...India

The practitioner was asked to send vibrionics remedy to a 12-year-old school girl who had a long standing bedwetting (enuresis) problem. She could not come to the regular Vibro camp that was held monthly as she lived in a distant town. She was sent by post:
CC12.2 Child tonic + CC13.3 Incontinence...TDS

Within a month the problem rapidly subsided, giving...(continued)

処方例の全てを読む

Respiratory, Sinus & Throat Infection 01176...Bosnia

A 75 year old woman came to ask for help about severe pain in her throat, bad cough with expectoration and inflamed sinuses. She had suffered with these symptoms for several days. She was given:
#1. NM36 War + NM70 CB9 + NM71CCA + NM113 Inflammation ...TDS
 
#2. SM21 Sinus + SM26 Immunity + SM31 Lung & Chest + SM35 Infection + SM40 Throat...TDS.
...(continued)

処方例の全てを読む

Carpal Tunnel Syndrome 11476...India

A 46-year-old woman has developed carpal tunnel syndrome due to excess use of a computer. For 4 months she had pain in the wrist, hands and fingers. The pain in the wrist was so severe that she had difficulty in performing even simple tasks with it. She was given the following, and as she was also diabetic a combo was included for that as well:
CC6.3 Diabetes...(continued)

処方例の全てを読む

Atrial Septal Defect (ASD) and Crohn’s Disease 02817...India

A small boy of 9 was diagnosed with ASD and Crohn’s disease. Surgery was refused because he was very weak. The family was so poor that the parents were unable to afford the cost of allopathic medicines. They came to see the practitioner on the recommendation of a patient who had been successfully treated for arthritis with vibrionics. The boy was given...(continued)

処方例の全てを読む

潰瘍性大腸炎, 肺血栓, パニック発作 02799...UK

年月、歳男性が、重度の潰瘍性大腸炎(年間), 肺血栓(か月), パニック発作(年)症状を患い、波動薬での治療を求めてきました。年にその患者さんは潰瘍性大腸炎, 炎症性腸疾患と診断されていました。当初、彼は免疫抑制薬によって、急性の腹痛を生じる突発的な症状を制御していましたが、厳しい副作用のためにその服用は中止されました。その副作用とは週間も続く口内炎やインフルエンザ、風邪を初め、貧血や虚弱の原因となる赤血球・白血球の減少などでした。さらに、ポリープが大腸から切除されましたが、彼は年以来、ペンタサグラムの錠剤を毎日服用し、夜には、プレドニゾロンリテンション浣腸剤を用いていました。病状が進行するにつれて、年には、直腸の出血が始まり、その制御にステロイドを用いましたが(プレドニゾロンg›週間かけてgづつ)...(continued)

処方例の全てを読む

足部手術後の傷 00534...UK

実践者手記:左足の後脛骨腱断裂の治療のため、年月に始まった広範囲の手術を受けました。その手術では、新たな腱に骨をつなぎ合わせ、親指の再形成、踵の骨の一部を切除し足部の再編成が行われました。全部で回の手術が行われ、つの大きな傷跡が残っています。年の月の最終手術では、手術痕が開かれ、プレートとネジが取り外されました。全ての傷口はインチ(約.センチ)大のものを除いて週間で治りました。左の写真で見られるように、出血が見られ赤く広がっており、包帯をすると症状が悪化し、焼け付くように痛み、痒みもありました。

月日に以下のコンボを処方し、水での内服と局所の外用薬として用いました。

#1. CC10.1 Emergencies + CC12.1 Adult tonic + CC18.5 Neuralgia + CC21.1...(continued)

処方例の全てを読む

めまい 02895...UK

実践者手記: 歳の私の叔母は年月にめまいを起こしましたが、その際は薬剤を用いることはありませんでした。彼女は目が回って歩くときも不安定で、ベッドに入っても頭がクラクラしていました。こうした症状にもかかわらず、月日にインドに行く前に医師に診てもらうことなく、何とかこの状況を乗り切っていました。彼女には薬が処方されましたが、効果はありませんでした。叔母の息子がインドに行こうとしていたため、年月日に彼に以下のコンボを持っていってもらいました。

CC10.1 Emergencies  + CC12.1 Adult tonic + CC15.1 Mental & emotional tonic + CC18.7 Vertigo….一日4

一日の服用によって叔母は電話で私に%の改善があった、...(continued)

処方例の全てを読む

妊娠期における子癇前症 02802...UK

か月の子を持つ歳の母親が妊娠週目で重度の子癇前症を患いました。生命の危険のある極めて深刻な状態で高血圧も併発していました。彼女は一晩入院し、医師により経過観察が行われました。血圧は173/98まで上昇し、メチルドーパmgを一日回、アスピリンmgを一日回の処方を受けましたが、激しい動悸は治まらず、吐き気や食欲不振を伴っての体調不良で夜も眠れませんでした。前回の妊娠時には、妊娠後期にのみ高血圧が見られ、緊急の帝王切開となりました。

今回年月日の初診時に以下のコンボが処方されました。

#1. CC3.1 Heart tonic + CC3.3 High Blood Pressure + CC3.6 Pulse irregular + CC3.7 Circulation + CC8.2 Pregnancy...(continued)

処方例の全てを読む

重症筋無力症 10001...India

歳の女性のアシスタント実践者が重症筋無力症を年から患っていて、年月に治癒を求めて実践者を訪ねました。彼女の全ての筋肉がその症状を表していましたが、特に、次のつの問題によって悩まされていました。

.複視 (物が二重に見えること)、視点を固定することが困難なこと―――こうした症状によって、一時に分以上文字を読むことができず、夜間における読書は不可能でした。

.喉の筋肉が弱く、また、彼女が疲労している時は舌が重くなり、話がしずらいこと。

.肩が重く感じられ、疲れやすいこと。

また、彼女は重症筋無力症に関連した失禁も患っていました。

上記の症状に加えて、年にはステロイド性糖尿病、年には甲状腺機能低下症の診断も下されました。これらの症状に対して彼女は対症療法の薬を服用していましたが、血糖値の水準は変動を繰り返しがちで、...(continued)

処方例の全てを読む

新生児の黄疸 02817...India

生後数時間の新生児が黄疸と診断され、体重もkg以下であったため保育器に入れられました。乳児には搾乳が与えられましたが、医師は生存を期待していませんでした

乳児の祖母がダルマクシェトラに急いでやってきて乳児の母親に渡す以下のレメディを受け取りました:

CC4.11 Liver & Spleen + CC10.1 Emergencies + CC12.2 Child tonic…一日回

乳児は搾乳が与えられていたので、(搾乳に忙しい母親に代わって)祖母を通して乳児に届けるのが最善の方法でした。ビブーティを媒体にしたレメディも用意され、保育器の上に置かれました。時間以内に乳児の体重は増え、母乳も消化し始めました。日後には体重は.kgに増え退院を許されました。現在、この子は歳となり健康で元気です。

...(continued)

処方例の全てを読む

Abscesses and itchiness on leg 11570...India

An 11-year-old boy from a poor family was brought to the practitioner on 27 April 2015 with abscesses and itchiness on his right leg of 6-7 months’ duration. An allopathic doctor had treated him with injections and promised a complete cure. The boy got 20-30% improvement initially. Then the infection went back to the same level. The patient was...(continued)

処方例の全てを読む

Viral fever 11573...India

The practitioner writes: Our younger daughter, aged 9, was suffering from cough, headache, sore throat and cold for two days. As the monthly class tests were going on, she went to school in spite of her illness. On the evening of the second day, I prepared:

#1. CC9.2 Infections acute + CC11.3 Headaches + CC12.2 Child tonic + CC19.2 Respiratory...(continued)

処方例の全てを読む

子供の癇癪 02128...Argentina

癇癪を持つ歳の女の子に悩む母親が実践者を訪ねてきました。この女の子は手に負えず、学校はきらいでした。

処方されたレメディは以下の通りです:

CC12.2 Child tonic + CC15.1 Mental & Emotional tonic + CC17.2 Cleansing + SR542 Aethusa Cyn...一日回

週間の治療の後、母親から、%の改善があったとの報告がありました。あと数週間服用は続けられる予定です。

編集者注:SR542 Aethusa Cyn は既に CC12.2 Child tonicの中に含まれています。

処方例の全てを読む

HIVウイルス/AIDS(エイズ) 11177...India

エイズに感染した歳女性が年月日に実践者のもとを訪れました。彼女は貧しい家庭の出で、その年前に今の夫と結婚する前、彼がその事実を打ち明けることをせず、そのまま結婚生活に入り、感染を余儀なくされました。そのときから遡ること年前に、第子の誕生時に、彼女は合併症で入院し、その時の血液検査によって、自身がエイズに感染しているというショッキングな事実が明かされたのでした。悲しいことに、子供は生き延びることはありませんでした。家族の助けを得て、彼女は離婚を申し立て、地元の公立病院で対症療法の薬によるエイズの治療を始めました。そのとき、近所の人から実践者のことを聞いたのです。最初の面談時に、患者さんは疲労を訴えていました。消耗しきった様子で、無感動、絶望、生きることへの関心の欠如が見て取れました。以下の処方が行われました:

...(continued)

処方例の全てを読む

White Spots 10940...India

歳のビジネスマンが、首と大腿部にできた白斑の治療のため波動薬を求めてこられました。その症状はか月続いており、以下のレメディが年月日に始められました。

#1. SR252 Tuberculinum 200C…週間に日, 4

#2. CC15.1 Mental & Emotional tonic + CC21.2 Skin infections…一日回

か月後の月日、%の改善が見られ、上記番のレメディの服用は継続され、上記番のレメディは下記の処方へと変更されました:

#3 SR250 Psorinum 200C…週間に日, 2

か月半後の年月日、改善の程度は%になり、上記番のレメディの服用は継続されながら、上記番のレメディは下記に変更されました。

#4....(continued)

処方例の全てを読む

夜尿症 11276...India

これまでずっと夜尿症を患っていた歳の少年の件で、年月日に実践者に連絡が入り、過去年間対症療法、アーユルヴェダ、ホメオパシーを試してきたものの効果がなかったことが伝えられました。少年はこのことでとても気を病んでおり、症状を持たない同じ兄弟と比較する両親の態度によっても事態が悪化していました。

以下のコンボが処方されました:
CC12.2 Child tonic + CC13.3 Incontinence + CC15.1 Mental & Emotional tonic…日回

週間以内に、夜尿症は%治り、少年と両親は歓びで一杯となりました。服用回数は、その後週間かけて徐々に減らされ、年月での再面談の際には、波動薬が無くても再発が見られないことが両親から伝えられました。

処方例の全てを読む

精神病 11576...India

大きな苦悩を抱えた父親が歳の息子を実践者のもとに治療を求めて年月に連れてきました。息子は過去か月学校に行くのを拒み、また時折、無関心・怒り・権力への抵抗を示すこともありました。実践者に会う約か月前に、一度そのような症状を示したことがありました。この時は、ちょうど父親の成功していた事業が頓挫してか月後にあたりました。この頓挫は、父親のライバルによってなされた黒魔術によるものであると彼の家族は信じていました。この件については、聖職者によって癒し目的のためのコーランの吟唱を含む祈りを通じて成功裡に対処された、とされていました。少年も通学を再開しましたが、か月も経たないうちに、再度、学校に行かなくなったのです。この時の聖職者の努力は助けとなりませんでした。少年は、その後、...(continued)

処方例の全てを読む

Low Immunity 11590...India

A 3-year-old boy had repeated attacks of upper respiratory infection with runny nose, cough with sputum difficult to expectorate and sore throat for the past 2 years. These symptoms occurred almost every month and lasted for a week. The patient had 8-9 such episodes per year. The child did not have asthma but was allergic to dust. The doctor would prescribe...(continued)

処方例の全てを読む

Low BP, fatigue 11586...India

A male carpenter aged 42 had low blood pressure for the past 20 years and fatigue for a year. He was on allopathic treatment for low BP with no relief. He had to temporarily suspend his carpentry work, instead started delivering newspapers every morning to about 24 high rise buildings. During his delivery rounds, he could not visit a washroom resulting in...(continued)

処方例の全てを読む

Miller Fisher syndrome 03542...UK

When this 63-year-old female, otherwise healthy with normal vision, arrived in the UK from India in the third week of June 2018, suddenly she could not move her left eye ball; she felt it had frozen in one position and her vision was impaired. Worried, she immediately consulted a doctor on 25 June 2018. She was referred to an ophthalmologist who...(continued)

処方例の全てを読む

HIV 11975...India

A 55-year-old woman had been bed-ridden and her body weight had halved from her normal 80 kg to 40 kg in 4 months. On 25 November 2016, she was taken to the hospital by her brother as she had cough, high fever, and immobility due to extreme weakness. There she was diagnosed as HIV positive, her CD4 count* being a mere 77. She had contracted the disease from...(continued)

処方例の全てを読む